書(ビジネス)

2010年2月 5日 (金)

[書] はじめての課長の教科書

はじめての課長の教科書/酒井穣 [ディスカヴァー・トゥエンティワン]
100205_02_2

面白い!頭の中にじわじわ内容が染みてくるなあ。

ちなみに政治力がないと、こうした新規プロジェクトが経営の課題に上がっているという情報自体が入ってきません。そして、そうした情報すら得られない人の所に、面白そうなプロジェクトが回ってくることはありません。

インパクト重視で「タイトルと内容が一致してない」詐欺本が多い中、直球どストレートな本書は好感度高いです。 課のマネジメントから予算管理、社内政治や人的ネットワークなど、課長(相当)の人が意識すべきノウハウが紹介されています。

第1章 課長とは何か?
第2章 課長の8つの基本スキル
第3章 課長が巻き込まれる3つの非合理なゲーム
第4章 避けることができない9つの問題
第5章 課長のキャリア戦略

こんな感じの構成で、特に3章と5章がメインなんじゃないかな。1章とか2章って別にミドルマネジメントだから必要な訳じゃなく、リーダーなら備えているべき素養です。

ただし2章、この中にある「部下のパフォーマンスを上げるストレスコントロール」だけは、ホントみんなに読んで欲しい!感動した!現場で即導入します!

課全体のパフォーマンスを保ちつつ、イノベーションを促進させるために、ゾーン2にいる部下とゾーン3にいる部下の混成比率を慎重に考えて仕事を割り振ります。

あと起業するときに気を付けるべき事など、様々な示唆が得られる良書でした。

★合わせて読みたい本
これからのOJT いかにして成果を出す人材を育てるか/寺澤弘忠
短期間で組織が変わる 行動科学マネジメント/石田淳


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月28日 (木)

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

なんだこれ書く内容というよりノート術じゃないか。タイトルから期待した内容と全然違った。

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか/美崎栄一郎 [ナナ・コーポレート・コミュニケーション]
100128_06

あ、でも内容には満足してます。

「IDEA HACKS!」「考具」~本書という流れの中にあるもので、いかにして過去のノウハウを蓄積しビジネスの武器として活用していくか?をまとめた一冊。

ノートを母艦用・スケジュール用・タスク用に分けるのは一見泥臭いように感じるけど、たしかに著者の方法なら強力なツールとして機能するだろうね。 ただ、こういった仕事術ってのは個々人の環境によってダイナミックに変わってきますので、自分の作業環境と相談しながら取り込んでいきたい所です。 少なくともこのまま取り込んでも私の環境ではまったく効果を上げないと思うし。


即取り込むぜリスト!
わたしも自分なりに最も合理的な仕事術を持ってると自負してるので、まずはこのリストからやり始めますかね!

  1. ナレッジベースになるノートを買う
  2. テープ糊を買う
  3. 自分用のホワイトボードマーカーを買う
  4. 議事録をノートに貼り付ける
  5. 今どういう状況で、どういう経緯から意志決定をしたのか書く

仕事がデキる人は、道具も良いもの持ってるよね。いろいろと知らない文具が沢山載ってて白眉でした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月27日 (水)

人生論

ライブドア事件、アレほんとに何が悪かったのか私解んなかったんだけど、今でも解りません(笑)
でもなるほど、本著を読んである程度の論点整理はできたかな。

人生論/堀江貴文 [ロングセラーズ]
100127_01

さて、オン・ザ・エッジ~ライブドア~ときて現在さらに活動の幅を広げている堀江氏が、今を冷静に見つめさらけ出したのが本著。

いままでブログやツイッターで発信されてきた氏の考えをまとめたような構成ですので、そんなめっちゃ目新しい訳じゃないです。
逆に上記で発信されてきた情報に触れてこなかった人には、イイ感じに刺激を受ける一冊なんじゃないかな。

そんな本著の構成は「死生論」「自己分析論」「本質論」「未来論」「教育論」「仕事論」の6つに分かれてて、わたしは「未来論」あたりがドキドキして良かった。
10代や20代の人にオススメで、「本質論」「仕事論」あたりは読んでみて欲しいなぁ。これからもまだまだ期待の一人であることには違いないワケだしね。

「私を26歳に戻してくれるならもう一度世界を目指すだろう。しかし私はもう37歳である。」

この言葉が頭から離れない...
32歳になったわたしは、何をする?何ができる?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月20日 (水)

週刊ダイヤモンドでtwitter特集

言ってなかったけど、Twitter(@Neutralair)始めてますよ!
たぶん、個人的にソーシャルメディアというカテゴリにおいては、mixiよりぜんぜん長続きしそうな感じではあります。


だから一緒にやりませんか(゚Д゚) <寂しいのね...


週刊 ダイヤモンド 2010年 1/23号 [雑誌]
100120_04_2

週刊ダイヤモンドの最新号では、現在Twitter特集中です。
Twitterとのつきあい方について初級/中級/上級と分けて書いてある試みは、ちょっと面白いな、と思った。 雑誌の特集としては、良い感じの記事になってるんじゃない?

個人的にTwitterは「検索こそすべて」だと思ってます。そういう意味では勝間和代氏の考え方に近いところがあるんですが、誰をフォローするか、タイムラインとはどう付き合うか、と言った考え方は堀江貴文氏に近いかも知れません。 特に堀江さんの対談記事は参考になるところが多かったです。

Twitterに関する書籍はたくさんありますが、まずは雑誌あたりから入ってみてはいかが?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

コンサルティングの基本

敵を知り、己を知れば百戦危うからず...ってワケでもありませんが、コンサル業界ってどういう棲み分けになっててどういう組織構造になってんのかな?って思ってたんだわ。
何より、


「コンサル要らずのSIer・むらさめさん」


を目指す私としては、どれほどその役割に肉迫してるのかも気になっていたのだヽ(´ー`)ノ

この1冊ですべてわかる コンサルティングの基本/神川貴実彦 [日本実業出版社]
100113_01

と言うわけで本書はそのタイトルに偽りなしの「これ1冊ですべてわかる」シリーズです。
サービスが多様化していく昨今において細かい所まで網羅できないのは当然ですが、業界全体をうまく俯瞰できるようにまとまってる。


組織の基本構成や、プロジェクトの組み方なんて本当面白いよね。 実力主義っていうか、社内やマネージャークラスへの営業(売り込み)も必須スキルなんだねー。

新しい発見がいろいろあって良かった。自分がここに入ろうとは思わんけどwww


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 8日 (金)

ザ・ネクスト ビジネスリーダー

熱い!
めっちゃくちゃテンションの上がる一冊だ。

BBT ビジネス・セレクト1 「ザ・ネクスト ビジネスリーダー」/西浦裕二, 山田英夫 [ゴマブックス]
100108_01

業界の様々なキーマンを招いて「次世代のリーダー像」を探る対談集......というと散漫でノイズが多いイメージを持つけど、だいたいあってる。 棒読みじゃなく、自分の言葉で伝えることは大事だけど、そういう人が沢山いるとそれはそれで困るヽ(´ー`)ノみたいな。

でもそのわりに良く纏まってると思うよ!


一般的に「理想のリーダー像」というと、ゴーン氏や御手洗氏など雑誌や新聞でよく見る名前を挙げる傾向があると思うけど、今の組織でホントにそういう人が必要なのか?と、ちょっと冷静になって考えてみよう。

・組織を維持成長させる時と、変革させる時に必要なリーダーは違うのではないか?
・短期的な成功や、ハデな成功をしたリーダーに目を奪われすぎていないか?
・今必要なのはビジョンや戦略か? すばやく実行して監視、測定、評価することか?
・後継者やメンバーが真似できない仕事をする人が欲しいか?
・自分が抜けた後の組織は、いきなり業績が落ちたりしないか?


うーん、なかなか考えさせられるよね。

自分の立場に置き換えてみると、アレは間違ってないな、コレはちょっと軌道修正が必要かも...なんて気付きが沢山あって、勉強になりました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

ビジネスマンの飲酒学

「酒がばんばん飲めることと、酒に強いことはイコールじゃない」

私はこう言い続けているんだけど、なんせ飲むのがすごい好きなので信じて貰えないんです.・゚・(ノД`)・゚・。

違うんだよ!
酒の強さは、翌日のダメージがどの程度残っているのかが物差しなんですー! おれなんて翌日はいつも頭痛で苦しんでるんだよー!・゚・(ノД`)・゚・。

ビジネスマンの飲酒学―飲まないわけにいかない人へ/鵜沼直雄 [情報センター出版局]
091216_01

と、云うような事が本著にも書いてるよ。
医者として、患者の悩みやお酒に関するカンチガイに触れてきた著者ならではの言葉は、なかなかに説得力大。 内容はお酒にまつわるウソホント、飲み方や病気になった場合の対処など。文体も砕けてるので、とても読みやすかったです。


取りあえず気を付けることまとめ!

・飲む量は1日2合まで
・休肝日は少なくとも週2回は取る
・飲んだら食べる

です! むしろ私のやっかいなトコロはうまいもんを食べてストレスを発散するところにあるので、食べ過ぎないよう心がける方が重要かも知れませんヽ(´ー`)ノ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月30日 (月)

プレゼンは声

ちょうど200人くらいの前でプレゼンする機会があったので、タイミング良く目に飛び込んできたんだよね。

プレゼンは声! -思わずうなずきたくなる声のルール-/白石謙二 [インプレスジャパン]
091130_01

人の認識に影響を与える情報の55%が視覚、38%が聴覚、残り7%が文字情報だという「メラビアンの法則」があります。 本著でも軽く触れていますが、これってお客さんとやり合う上ですごく大事なんだよね。


ビジュアルで気を引いて、声でのめり込ませて、文字で納得させる。


だからプレゼンはスライドに文字を詰め込んでも意味がないと思ってます。
大事なのはキレイな図と、発表者の喋り方、これにつきる!

という訳で、本著ではその声部分にフォーカスしてます。状況や内容、目的に応じてどんなトーンで発生すべきかを丁寧に示してますので、今まで意識したことない人にはオススメ。


プレゼン?
内容は薄かったんだけど、勢いで押し切ってやりましたワハハヽ(´ー`)ノ
終わったあとで色んな人と話したけど、なかなか好評でしたよ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

パラダイムシフトは自分で起こしてナンボだ

アグレッシブな特集タイトルがいいよね!

日経ビジネス 2009年10月26日号 | カイゼンを壊せ/利益創出の要諦-原価を丸裸にする
091030_01

「カイゼンを壊せ」だ。
と言っても今までブームみたいなもんだったカイゼン活動そのものを否定している訳じゃなくて、当たり前の事なんだけど「状況に応じたダイナミックな戦略を打ちましょう」って訳です。

この世界不況の中でも業績をあげている企業の中には、機転を利かせて戦略を打ったトコもあれば、偶然の特需に助けられたトコもあるんですが、やっぱみんな戦略スピードが速いわ!
立場や業界が違っても、こういう事例は抽象化して当てはめてみれば、自分の現場にも適用できることが沢山ある。


あと後半にはロングテールの概念を市場に知らしめたAmazonや、電子書籍で沸いてるGoogleをフォーカスした書籍ビジネスの記事もあり、実はこれが一番面白かったかもヽ(´ー`)ノ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月22日 (木)

お、おれの本なのに...

結構仕事で使えるな!と思って購入した知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100/永田豊志、これ職場に置いてあるんですが、私が使おうとした時に限って見つからなくて「???」って思ってたんです。


チームメンバーが持ってやがりました(゚Д゚)


しかも自分の机に片付けてやがりました(゚Д゚)


おいおい!
お前どこのジャイアンやねん!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧