« ふらりと寄れるのも今の仕事の良いところ | トップページ

2012年2月 6日 (月)

「ブレない軸を持つということ」

会社のグループウェアには毎週社長がつぶやきを投稿するページなんかがあったりするのですが、今回おれに文章の依頼が来ていたので「ブレない軸を持つということ」ってタイトルで寄稿してみました!
インパクトを補強するために多少誇張してるのですが、知ってる人は笑って見逃してねヽ(´ー`)ノ

---

それでは、自己紹介します。
わたしは2010年入社の2年目で、以前は同業他社で官公庁を相手にシステム周りのコンサルティング、品質管理(QMS)の内部監査や情報セキュリティの策定支援、採用活動などを10年ほど担当していました。

今まで蓄積した経験から、どんな業界であれ「絶対にブレない軸」を持っている人こそが突出していくのだという考えに至り、わたしもそれを徹底するようにしています。ここで簡単にご紹介したいと思います。


★困難な仕事こそやる価値がある

人が年齢を重ねて進化していくのと同じように、世間の考え方やテクノロジーも日々進化していきます。その中で自分の価値を、会社の価値を創出していくためには、常に困難にトライしていく姿勢が必要なのだと感じています。

  • 常に仕事は120%を目指す!120%を目指していれば、なんと20%も手抜きができちゃいます!
  • 過去の成功体験は捨てましょう!それは今のトレンドやテクノロジーでは既に古い手法ですよ!
  • 出来る作業だけやってても力は伸びません!なんか最近マンネリだなーと思ったら、リスクを積極的に選ぶべきです!


★常に異端であれ

賛否両論あると思いますが、わたしは組織の文化や風土に埋没する事を良しとしません。それはムダに繋がってしまいますので、何が最適化に繋がるのか、より斬新な考え方で何かを変えられないかを考えます。

  • 普通に過ごそうとしている人は、普通の人以上の事はできません!
  • 成功している人は業界の中でも一握り。つまりスタンダードだと言われている手法は、失敗している人達の手法です!もっと良いやり方があるんじゃない!?


★使命を常に抱いてビジネスに関わる

これが一番大事だと思います。部門、会社という枠に捕らわれず、自分が人生において何を成したいのかを明確にイメージしておく事で、ビジネスに関わるスタイルが鋭くなっていくと思います。

わたしは「関わる人々全てをハッピーにするのがIT屋の使命」だと考えています。
お客様であれエンドユーザーであれ、はたまた仕事で関わるパートナーであれ、ITに関わる人がそれによって損をしたりムダに働かされたりするのはとても不幸です!
より多くの人の笑顔が得られるよう、人生を注いでいく所存です!


以上、最後までお読みいただきありがとうございます。
ここから誰かが刺激を受けたり新しいアイディアをつかんでくれるのだとしたら、人としてこんなに嬉しい事はないと思います。

---

少し熱すぎたか笑





|

« ふらりと寄れるのも今の仕事の良いところ | トップページ

ニッキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/44009589

この記事へのトラックバック一覧です: 「ブレない軸を持つということ」:

« ふらりと寄れるのも今の仕事の良いところ | トップページ