« オフィスのカレンダーのあるべき姿 | トップページ | 冬になると聴きたくなる曲 »

2010年1月13日 (水)

コンサルティングの基本

敵を知り、己を知れば百戦危うからず...ってワケでもありませんが、コンサル業界ってどういう棲み分けになっててどういう組織構造になってんのかな?って思ってたんだわ。
何より、


「コンサル要らずのSIer・むらさめさん」


を目指す私としては、どれほどその役割に肉迫してるのかも気になっていたのだヽ(´ー`)ノ

この1冊ですべてわかる コンサルティングの基本/神川貴実彦 [日本実業出版社]
100113_01

と言うわけで本書はそのタイトルに偽りなしの「これ1冊ですべてわかる」シリーズです。
サービスが多様化していく昨今において細かい所まで網羅できないのは当然ですが、業界全体をうまく俯瞰できるようにまとまってる。


組織の基本構成や、プロジェクトの組み方なんて本当面白いよね。 実力主義っていうか、社内やマネージャークラスへの営業(売り込み)も必須スキルなんだねー。

新しい発見がいろいろあって良かった。自分がここに入ろうとは思わんけどwww


|

« オフィスのカレンダーのあるべき姿 | トップページ | 冬になると聴きたくなる曲 »

書(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/32978760

この記事へのトラックバック一覧です: コンサルティングの基本:

« オフィスのカレンダーのあるべき姿 | トップページ | 冬になると聴きたくなる曲 »