« あ、カレー成分が足りない、と思ったら | トップページ | 年末はモルトを舐めながら過ごす »

2009年12月 6日 (日)

The Bossa Nova Sessions, Vol. 1/DEODATO

The Bossa Nova Sessions, Vol. 1/DEODATO [Jazz]
091206_01_2

1. Samba No Congo
2. Adriana
3. Estamos Ai
4. Carnaval Triste
5. Nana
6. Straits Of Mclellan
7. Capoeira
8. Sonho De Maria
9. Samba A
10. Amor De Nada
etc...

エウミール・デオダートが60年代にリリースした2枚のアルバムを収めたもの。
この人はボサノヴァのアレンジャーとしても有名なようですが、私のなかではカンペキにジャズの人かな。 ジャズ側からボサの曲へアプローチしてるタイプで、豪華なビッグバンドアレンジが楽しめます。

ビッグバンドって普通にいいから評価し難いんだよなあ...って最初は思ってたんですが、このアルバムは後半戦がヤバい! さすがは名盤「Impulso!」ですね! BGMにして本を読んでいると、いつの間にか曲の方が主役になってたりするくらいのレベルだ(;´Д`)

ゆるーい曲を演奏してる筈なのに、このピンと張り詰めた緊張感...
素晴らしい!

Deodato - Bossa Nova Session vol.1 (2002)



|

« あ、カレー成分が足りない、と思ったら | トップページ | 年末はモルトを舐めながら過ごす »

音(Jazz/Bossa)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/32693116

この記事へのトラックバック一覧です: The Bossa Nova Sessions, Vol. 1/DEODATO:

« あ、カレー成分が足りない、と思ったら | トップページ | 年末はモルトを舐めながら過ごす »