« 荒川ポタリング | トップページ | 間違いだらけのエコ生活 »

2009年7月26日 (日)

暑い国の料理にはそれなりの意味がある

あーつーいー!(;´Д`)
ホント日本て高温多湿ですよね。 だんだんアジア各地域のような熱帯化の道を辿ってるんじゃないかとすら思うわよ。

そんな時こそ、暑い地域のノウハウを実践するってね!


090726_01

アル・ライタ!
アルはじゃがいも。ライタはヨーグルトのサラダです。


作り方は簡単で、

・じゃがいもを細かく切って軽く茹でる
・ピーマンを細切れにする
・器にヨーグルトを適当にブチ込む
・器にスパイスを適当にブチ込む
・器に塩を以下略
・器にさっき切ったピーマンを以下略
・器にさっき茹でたじゃがいもを以下略
・まぜて食べる

ウマー(゚Д゚)

スパイスは好みで。今日はブラックペッパー、カイエンペッパー、コリアンダーを小さじ1/2位ずつ入れました。ああ、そうだ、あとワインビネガーもちょろっと入れた気がするな。




|

« 荒川ポタリング | トップページ | 間違いだらけのエコ生活 »

クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/30708065

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い国の料理にはそれなりの意味がある:

« 荒川ポタリング | トップページ | 間違いだらけのエコ生活 »