« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

美味いのはビリヤニばかりじゃないんだぜ

ビリヤニが旨い、との触れ込みで雑誌への露出度が非常に高い店。どうりでスタッフと初めて会った気がしないんだよねwww

シャヒ・ダワット (インド料理 / 小川町、淡路町、新御茶ノ水)
東京都千代田区神田錦町2-2-11 田口ビルB1F Tel 03-3293-5897
地図
【ダイニング・ア・ラ・カード】インディアンロショイ シャヒダワット トップページ


090131_02

スペシャルセット(1000円)をオーダー!
カレーが三種でチキン、マトン、オクラと豆をチョイスしたんですが、おおっ、このチキンカレーというかバターチキンおいしい! 肉自体はそれほどでもないけど、コクがあってリッチです。少し予想のナナメ上をいく味なんだよなあ。


090131_03

それから日替わりメニューだったオクラと豆!
オクラ、トゥールダル、トマト、玉ねぎが入ってますね。まろやかど優しい味。これはすごく気に入ったので、自宅で作ってみようと思うよ。


ちなみにここで有名なあのビリヤニですが、今回は思いつきで行ったのでパス。 お話を聞いてみると、事前に電話予約しておいて持ち帰る人も居るそうですので、なるほど次回はソレやってみようかな、と思いました。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド料理はシンプルな分、彩りに気を使わなくては

ヨーグルトをご飯に混ぜる・ぶっかけるって言うと「うへえ」なんて反応を貰うことがちょくちょくあるんだけど、インドではこれがフツーなんだそうだよ! きっとアレだ、ノリ的には欧風カレーに生卵を混ぜて食べたり、お好み焼きをおかずにご飯を食べたりするのと変わらないんじゃないかなー。


今日は、Curd Rice(カードライス)を作りました!


090131_01

カードってのはヨーグルトのこと。マスタードの香りと甘み、たかのつめの辛さとカレーリーフのスパイシーな風味が渾然一体となった、シンプルながら美味しい一品。 スパイス類がなくても、しょうがと香菜をみじん切りにして混ぜるだけでok。

< カードライス 1人前 >

    【用意】
  1. 米        1人分炊いておく
  2. ヨーグルト    1/2カップ
  3. レモン汁     好み
  4. 塩        好み
    ※テンパリング
  5. マスタードシード 小さじ1/2
  6. クミンシード   小さじ1/2
  7. カレーリーフ   5枚
  8. たかのつめ    2本を適当な大きさにちぎる

    【手順】
  1. ご飯が炊けたらヨーグルトをしっかり混ぜ込んでおく。
  2. フライパンに油を熱して、マスタードシード~たかのつめまで順番に投入。
  3. 油に香が移ったら、ヨーグルトを混ぜたご飯にぶっかける。
  4. よく混ぜて、レモン汁と塩で味を調節して完成。

うまいよー。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

遅い時間に来るならいい感じのダイニングだと思う

洒落ててコストパフォーマンスのよいダイニングでした。

酒葵 KAGURAZAKA (シュキ・カグラザカ) (ダイニングバー / 飯田橋、牛込神楽坂)
東京都新宿区神楽坂4-4 河庄ビルB1F Tel 03-3235-0777
地図
ぐるなび - 酒葵 KAGURAZAKA

うんんんん、すごく気に入った部分と気に入らない部分があって、どっちともつかないこの気持ち......
店内が妙にやかましくてね。シックな雰囲気で洒落てるのにお値段がリーズナブルですので、きっと合コンとかに使われる率の高いお店なのかな?と話していました。

ただし、料理に対する満足度は高かったです。うん。
お酒も、いいです。丸い氷を出してくれるあたりかなりイイです。


090130_04

あと焼酎がメインのお店だったので日本酒はほとんど置いてませんでしたが、燗をお願いしたら2合用のちろりで出てきたのには感動した!ヽ(´ー`)ノおおおおおおこれは嬉しい誤算じゃないですか。

ミニかんすけ、ウチにも置こうかな,,,




| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラフル・ビリヤニ!

ビリヤニといえばインドではおめでたい時なんかに食べる「お赤飯的位置づけ」だと聞いた事があります。 たしかにSABAのビリヤニを食べると、うーんポップで賑やかなご飯だなあ!と感心してしまうのだ。

インド・パキスタン料理 SABA (サバ) (インド料理 / 大塚)
東京都豊島区南大塚3-47-5 小田ビル2F Tel 0339825858
地図


090130_02

ホラ、とってもカラフルできれーだよね!
黄色はターメリック?それともサフラン?オレンジはニンジンのような気がするけど......などと想像を働かせるのも楽しいものです。いや、これで「着色料使ッテマス」とか言われた日にはアイキャンフラ──────────イ!!!ヽ(`Д´)ノなんだけどさっっ!www


090130_03

うおおおそしてこのスープのなんという美味さ! ヨーロッパのフォーマットで作るトマトスープとは明らかに違う味なので「これどうやって作ってんの!?」って聞いたんだけど、「フツーのトマトスープよ?」って言われた

(´・ω・`)ショボーン


ぜってぇこれ作ってやる......




| | コメント (0) | トラックバック (0)

バッド・ユーザビリティ・カレンダー2009 リリース!

Bad usability calendar

ユーザビリティに関する情報を取り扱っているNetlife Researchによる、「ユーザビリティでこれやっちゃいけないリスト」の2009年版です!
なんと日本語化されていましたので、早速使ってます!


090130_01

↑こんなことが書いてますw

どっちかというとウェブサイトの構築よりはアプリケーションに関する注意事項がメインかな。 「シンプルが必ずしも良い訳じゃないゾ」とか「メッセージを伝えるために、階層式のサイトが常に有効とは限らない」などハッとするTipsがあって面白いです!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

紳士的にドリンクを語ってみる、そう紳士的に。

いやーっ、今年の冬は全然見ねえな!? と思ってたらあったあった見つけたー!


090129_01

伊藤園から出てる、「こんぶ茶」ヽ(´ー`)ノイェーイ!

近くのコンビニでは全く見かけなかった所をデイリーヤマザキにて発見し、即買いした次第であります。恥ずかしながら、あまりの嬉しさに店から出た直後から愚息に力が入る始末。このような昆布の風味とほんのりとした酸味が、午後の疲れたころに飲むとたいへん効果的な次第であり、脳天まで駆け上がる旨味と快楽に飲み込まれ、恍惚とした表情で直立不動となってしまうのだ。
この感銘を諸兄にも是非味わって頂きたい。


何を言ってるんだ俺は(;´Д`)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

網代でなんかとんでもないサイズのアジを食べた

網代でお食事会やってきたんだけど、すっごいの食ってきた!

食彩処 網代
新宿区高田馬場1-31-8 ダイカンプラザ1F Tel 0332082202
地図


090128_01

あじの一夜干し!(゚Д゚)
すげえでけえ!(゚Д゚) こんなサイズなかなかお目にかかれないよね。


魚はアレだよねー、大きければ大きいほど美味いっていうシンプルな構図が俺、好きだなー。 いやあ俺個人としては大きさよりもテクニックだぜ!派なんですが<何の話だ 、これくらいのサイズだと身もいっぱい詰まっててお酒がぐいぐい進んじゃいますね!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

ボラーレ・ヴィーア!(飛んで行きな)

インドカレーをかけたパスタがあるらしい。


記憶の片隅にこの言葉だけが残っててすっごく気になってたのよ。やっと今回お目にかかることが出来ましたー。

キッチンぼらぼら - 洋食、カレーライス(八丁堀) [食べログ]
東京都中央区湊1-2-12 Tel 03-3555-0132
地図 土曜・日曜・祝日休


090127_01

わ、ホントにカレーとスパゲティだけなんだw
カレーはそれぞれ「和風」と「インド風」にわかれていて、これをスパゲティとあわせたメニューもモチロンあるんです! 当然カレースパゲティいきます!


090127_03 090127_02

む、こんな大きい肉があるとは予想外! 各所で「優しい味」といわれているように、インド風といってもスパイスが強いなくサッパリした味わいですね。むっちゃ美味いか?といわれればそんなことも無いんですが、スパゲティじゃなくてライスとあわせて食べてみたいなーと思ったよ!

ゆで卵が一個ずつサービスされますので、合わせてどうぞ!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

旅行人が南インド料理の特集を組んでた

南インド料理を作るんだから、地域や言語によるニュアンスの違いを勉強するぜい!という活動の一環です。


旅行人 2006年冬号ディープ・サウス・インディア
090126_01


2006年発行ですのでビミョーに最新情報じゃないんだけど、ファッションや宗教、映画や音楽など幅広い話題を網羅できるのはありがたいですね! もうちょっと欲を言えば、南インドが何ゆえインドIT産業の起爆地点となったのか、って話題にも触れてると良かったんだけど。そういう話題の本ってありそうだよね。


さて、もちろん食事の話題もバッチリ触れていますよー!
個人的にすごい収穫だったのは、ティファンと呼ばれる軽食が片っ端から写真付きで解説されているトコロ!他の書籍で紹介してても写真がなくてイメージが沸かなかったのだけど、これで臨場感が倍増だ。 南インド系のお店でオーダーするときも、こういうのを知っておけば間違いがないですからね。


まさにタイトル通りのディープ・サウス・インディア!
是非とも現地で堪能してみたいですヽ(´ー`)ノ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

書きたいことは一杯あるんだけど!

金曜日からクセの強い風邪にあたっちゃったらしく、日曜は完全ダウン(;´Д`)です。

土曜はともかく日曜はずっと寝込んでて、休日にこんな長い時間部屋に居たのは久しぶりかも!いつもどこかに出かけちゃうからねー。

ではまた明日(´ー`)ノ
むらさめ@携帯からエントリー




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

和風な料理よりもインド料理が得意とかどんな日本人よ

その辺のカレーマニアでは作れない料理を覚えたい!
バナナの葉っぱの上でカレーとかライスとかポリヤルを食べたい!
甘ったるい料理よりも、酸味と辛味のバランスが取れた料理を作りたい!


よろしい、では南インド料理コースだ(゚Д゚)ウラァ!


090124_03

キッチンスタジオ ペイズリー/南インド料理コース

まったくもってお得です。前回の5時間ぶっとおしに比べると今回は4時間強くらい?だったのですが、相変わらず密度の濃い講習です! そもそもカトリ先生ってば面白い話題をマシンガンのようにしゃべるので、メモが追いつかん!

このために南インドの州・風土・食事の傾向をアタマに叩き込みましたからね、「これは~州の料理で~」なんて説明を受けながら、パタパタと頭の中でピースが組みあがっていく感じが楽しいですよ。そんなわけでお品書き!↓↓↓

  1. アダイドーサ
  2. サンバル(瓜バージョン)
  3. ココナッツチャトニ
  4. スリランカのダール
  5. ゴーヤのマサラポリヤル
  6. レモン風味ライタ
  7. 魚(サワラ)のタミル式フライ
  8. バスマティライス
  9. バターミルク
  10. サウスインディアンコーヒー

090124_02

今日のわたしはココナッツチャトニと、魚のフライを担当。 ......こンの魚フライがね! 塩サバを使ったんだけどすっげー美味いのですよ! なんせ1人分の魚に6、7枚くらい贅沢にカレーリーフを貼り付けてますからね。 余程のおもてなしでもない限りこんな贅沢には使えねえwww


090124_04

できあがり!

前回はインドの情勢が影響してバナナの葉が輸入されてなかったのだけど、今回はちゃーんとバナナの葉の上でミールスを頂きます! やっぱバナナの葉の上で手を使って食べるのは格別に美味いよねー。 あー幸せー。

ドーサ(クレープみたいなの)を作るのは困難だろうけど、他のメニューはどれも簡単に作れちゃうものばかりなので、次回までにはきっちり復習していこう!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーでKickstart My Heart!

スパイスカフェ!

Spice Cafe
東京都墨田区文花1-6-10 Tel 0336134020
地図
※1/26~2/28まで休業です!


090124_01

今日は原点回帰ってことでラムカレーのセット(950円)です。
昔は使ってるスパイスもテクニックも知らなくて、ただひたすら打ちのめされていたんだけどね! それに比べると随分このカレーの奥行きが解るようになって来ました。 でもまだまだ遠いなぁ!


と感心して食べながら話してたんだけど...


わたし「そうそう、今日はこれからペイズリーに行くんですよ」
シェフ「これからカレー作りに行くのに、こんな所で何やってんですかwww


えー(笑)
だってホームのカレーでモチベーションを上げていかないと、ねえ?ヽ(´ー`)ノ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

[書] 文章をダメにする三つの条件

いいなあ。この人の作文教室に行ってみたいなあ。

文章をダメにする三つの条件/宮部修 (PHP文庫)
090123_05


新聞記者として長年文章に携わり、現在は大学で作文を教えている著者による作文論。 いわゆる「こうしなければならない」論とは違い、「これをしてはならない」という視点からアプローチしてるのは珍しいかな。

特に一般的によく言われる「5W1H」や「起承転結」を、「論理はあとまわしでよい」とバッサリ落としてる所なんかはシンパシーを感じるなあ!これ私も昔から感じてたことなので、思わず拍手したくなっちゃった。


さて、その上で著者が提案する作文のキモは「書き手自身の特異体験を書く」ということ。

すっごい分かるっていうか、ブロガーの皆さんならきっと痛いほど分かるよね。これってまさに面白いブログを書くコツだし、他のブログとは違った付加価値を生むコツなわけです。 極端な話、ありきたりな感想をいうよりも異端的な感想を述べる方がウケがいいとか、ね! えーい、スッポンポ────────ン!!! <異端すぎるだろ


なんというか、疎かにしがちなことを改めて突きつけられたので、思わず背筋が伸びちゃいましたヽ(´ー`)ノ

時間に追われて書いたエントリーはどうしても面白みに欠けちゃいます。こういう書評を書くときも、自分が強く感じた印象をできるだけ鮮やかに表現できるよう心がけていきたいですね!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

たんどーるでは口の中で和・印の総合格闘技がはじまるのだ。

090123_01

あけましておめでとーございます! 仕事の都合が付かなくて機会がなかったんだけど、新年明けてからはじめてのたんどーるに行ってきた!

新・印度料理 たんどーる
東京都中野区沼袋1-8-22 ヤマニビル2F Tel 0333872172
地図


090123_02

「和ッサムスープ」今日は贅沢にいくぜ?
ラッサムスープってのは南インドでいうところのお味噌汁なんですが、これを完全和風アレンジしたメニューです。 香りを楽しんで欲しいメニューで、一口含むと梅、トマト、生姜、ゴマ、こんぶ......と、こんな順番で風味が口の中を蹂躙していくのだ! もうハードパンチの連続でこっちはクタクタ、これぞ完全幸福です!


090123_03

「噂の!鶏肉の梅カレー」
これで世界を平和にできると思う!www いまだに梅干しがまるっと入ってる構図がシュールやなあ...と思うのだけど、ホント驚きのうまさです。 カレーソースだけで食べるよりも、肉と一緒に食べた方が梅やシソの風味を強く感じていいですね!


090123_04

「チョコチャイ」
チョコがカップの底に入ってますので、よくかき混ぜて召し上がってください! ね! <おまいは店員か
うん、確かにチャイにチョコは合うなあという感じですが、カップが、なんか、すごく持ちにくい!これは改善したほうがいいと思う。


うーん美味かった!
ここの料理はまさに「ココでしか食べられない料理」ですので、是非みんなにもこの衝撃を味わって欲しいですね!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

エーラージで南インド料理を120%楽しんできたよ!

すっごい久しぶりです!ごぶさたしてましたエーラージ!!


090121_01

〈レストラン〉南インド料理とカレー【A・Raj】
東京都豊島区南池袋2-42-7 Tel 0339819688
地図


ときどき猛烈にここのミールスが食べたくなるんだよね。お昼は1,000円なんて神がかりな値段で提供しているのですが、これがなんと!夜にも同じミールスが食べられるようになりました!(今まで夜のミールスはおかわり自由の3,000円くらいするセットしかなかったのだ。)


090121_02

おほー!こりゃ行くぜー!


090121_03 090121_04

これぞまさに教科書的なミールスって感じじゃないですか!? サンバルをかけて、ラッサムをかけて、クートゥ、ポリヤル、ピクルス......んでもってヨーグルト!という順番でご飯に混ぜ込んでいく定食です! 付け合せのパン、バトゥラもgoodな美味さだ。

そしてもちろん手で食べますよっヽ(´ー`)ノ 最近、料理教室でもウチでも手でモリモリ食べる機会が多かったので、いつの間にかそれなりに上手く食べられるようになってきました! こんなんだから「前世はインド人でしょ!?」なんて色んな人に言われるんだよ!おれ!(笑)


090121_05

そんでもってこのチキンティッカが!
ここここ、こ、これは、今まで食べたチキンティッカの中ではダントツの一位! というかしばらくコレを越えるティッカには出会えない気がする、ってくらい美味いの! すっごく柔らかくてジューシーで、強烈にビールが美味くなる味でした。


090121_06

そして忘れてはいけないこのパフォーマンス。 チャイやインドコーヒーをオーダーすると、こうやって両手に持ったカップにジャバジャバと注ぎいれてくれるんです。 自分でやると良くわかるんだけど、コレをこぼさずにやるのって相当難しいんです! にもかかわらず涼しい顔でジャバジャバこなしちゃうんだからすげええええよ!


コレだけじゃなくてワダとかデザートとかも食べてるので、もう胃拡張状態ですよ。あきらかに食いすぎです。どれくらい食いすぎたかというと、


スーツのボタンが......閉まりません......(;´Д`)死のう



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

昔ばなし・別館は種類が多くてお安くていい感じです。

ちょっと前に二次会で利用したんですが、そのときの印象がすッごく良かった多酒多菜 『昔ばなし』 別館に後輩を引き連れて突撃してきました!


多酒多菜 昔ばなし 別館 (たしゅたさいむかしばなし) (居酒屋 / 池袋)
東京都豊島区西池袋1-37-16 大雄ビル6F・7F Tel 03-3981-8748
地図 無休
ぐるなび - ~個室・大人の集う隠れ家~ 多酒多菜 『昔ばなし』 別館


埼玉を中心に展開していて、都内にはこの池袋にある別館のみらしいです。
都内で飲んでると、ホントにうまい酒を出す店ほどお安くなっていく傾向があるんじゃないかと思うくらいお金がかかっちゃうんだけど、ここは種類良し、サービス良し、雰囲気良し、お値段良し......となかなか満足度の高いお店です。ちょっとニンマリしちゃいますヽ(´ー`)ノ


090120_02

美味しかったのは「房島屋 65%純米 おりがらみ 20BY」です!
「三千桜」といい「房島屋」といい、最近私の中で岐阜の酒はぐんぐん株をあげてます! かなり強めの酸が特徴的で、おりがらみに由来するフルーティーさや甘さがプラスに作用してますので、食中酒としてガンガン飲めるお酒だと思うよ。


090120_03 090120_04

料理もいいと思います。
お刺身5点盛りと、ダチョウの刺身(!)です。ダチョウって、わたし、初めて食べるかもだわ。てっきり硬いのかと思ってたけど、柔らかくて絡みつくような食感が面白かったです!


うん、初回の感想を再確認する意味で行ったけど、やっぱ好きです。ここ。7Fの個室もよいのですが、私としては今日のようにカウンターで店長と話しながら飲むスタイルがいいなーと思いました。多分この人はなかよくなったら色んな酒を出してくるタイプと見た(´ー`)y─┛~~

機会があったら行ってみて!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

生姜は使いすぎに注意です...

生姜チャイ!


090120_01

「冷え知らず」さんの生姜チャイ | 商品情報 | 永谷園

そういやちょっと前くらいからコレが気になってたんだけど、やっと飲めました。その名前に偽りなし!って感じで生姜の味が最前面に出てきてるんだけど、いやー、チャイって自分でも作るから、このフレーバーの強さがどれだけ生姜を投入した結果なのかが良くわかって戦慄するな......


なんでも生姜が最近ブームらしいじゃないですか?
マヨネーズジャンキーをマヨラーと呼ぶのと同じで、生姜が大好きでとにかくよく摂取する人のことを「ジンジャラー」と言うそうです。ジンジャラーって......ネーミングがあまりにもアレなんじゃないかと思ったけど、


じゃあそういう私はインド料理ジャンキーだからインドラーか!?


雷とか出せそうだヽ(´ー`)ノわはー




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

カレーを作るときにこの曲を流してね!

なにやら世間では「カレーの歌」なるもの( くるりの歌じゃないよ )が流行の兆しを見せているようだが、そんなおまいらには俺がインド料理を作るときにかけている音楽を紹介するぜ────ッ!ギャハ───ッ!


チーターガールP、チーターP、サーセンP、ノエビアP、スク水P、競泳P、キャミソールP、TwilightP、若本P、フルチンP、餓死P、入試P、金欠P......などなど数多くのP(プロデューサー)名を持つwww、Aliced_TwilightzのKTG氏によるヒンディーな曲だ!

まぁ実はこれがリリースされたのが07年12月だから、実に1年間聴きまくってたわけですよ!(笑) だって入れ替わりの激しいiPodのプレイリスト戦争に生き残ってるもんなぁ。


ヒンディーピープル [チーターガールP feat. 初音ミク]


曲も動画もすこぶるセンスいいと思うんだよ。ズンチャカズンチャカしてるからむっちゃノリが良くて、これ聴きながら料理の仕込をしてると圧倒的なスピードで作業が完了しちゃったりします!ヽ(´ー`)ノ インドのミュージックビデオを見たことがある人なら、「ああ、あるある!」ってなること請け合いだよ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

[書] ユーザビリティエンジニアリング

製品やウェブサイトを開発するヒトって「使いやすさ」を段階評価してしまいがちなんだけど、実はユーザーからしてみれば「使える」「使えない」の二択しかありません。


ユーザビリティエンジニアリング―ユーザ調査とユーザビリティ評価実践テクニック/樽本徹也 [オーム社]
090120_01


これはユーザビリティエンジニアとして活躍する著者が、そのノウハウをわかりやすくまとめた実践書です。 実践書なんで思想的なところには踏み込んでいませんが、今までにないほど「使える」一冊になってますね。


1. 各プロセスが実践的に書かれている

この著書のタイトル自体はずいぶん前から耳にしてたんですよ。Webデザインや製品開発の現場ではかなり知られた一冊らしいのですが、手にとって見て納得、企画~分析~テスト~評価の各プロセスで必要な作業が、かなり具体的かつ詳しく紹介されています。


2. ノウハウを即実行することができる

いやー、まさかユーザーに対するインタビューのときの会話例とか、テストする際の具体的な手続き、会場のレンタル費用だったりモニターしてもらった人には謝礼をいくら渡しましょうとか(笑)、開始の挨拶文まで書いてあるなんて! すげえええええな!


実際ね、これをプロジェクトで適用するには「受け入れるだけの組織の成熟度が必要」だから、いくつかハードルを乗り越えないといけません。少なくとも私の現状としては孤軍奮闘で活動しなきゃならない状況なんだけど、これが浸透すればするほど顧客満足度の高い製品・サービスが提供できるようになりますからね!

気合入れて取り掛かりましょう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

[書] 生物と無生物のあいだ

これは売れるのも納得だ。

生物と無生物のあいだ/福岡伸一 (講談社現代新書)
090119_02


「生物を無生物から区別するものは何か」というテーマを、それを追いかける著者の自伝という形で論じていく一冊。自伝なんて淡々と事実を時系列にならべたものだったり、エゴイスティックな内容で辟易したり......といい思い出が無かったのですが、それがよくぞここまで面白くなるもんですね! なんと圧倒的な文章力なんでしょう!


生物というものはつねに破壊~再構築のプロセスを繰り返しており、その破壊と秩序の「動的な平衡状態」こそが生命とそれ以外とを分けるクライテリア(基準)である! というのがこのテーマにもっとも近い回答であろうと思うけど、それをすっごく判りやすく説明したのが↓の一文だ。

よく私たちはしばしば知人と久闊を叙するとき、「お変わりありませんね」などと挨拶を交わすが、半年、あるいは一年ほど会わずにいれば、分子のレベルでは我々はすっかり入れ替わっていて、お変わりありまくりなのである。かつてあなたの一部であった原子や分子はもうすでになたの内部には存在しない。

ありまくりヽ(´ー`)ノ


というように、専門的な言葉が多いかと思いきやユーモアたっぷりな文章が出てきて面白いんですよ。 まぁたしかに理系の文章ではありますよね。 誰にでもわかりやすく丁寧に......とはちょっと方向性が違うとは思いますが、著者が文中で定義する生命のあり方に勝るとも劣らない、ダイナミックな内容であったと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

阿修羅展 at 東京 3月31日(火)-6月7日(日)

電車の釣り広告で気になったのはーっ、阿修羅展!
asahi.com : 朝日新聞社 - 国宝 阿修羅展

090119_01

たまに股間が阿修羅になってマスタースパークな私としても、これは行かざるを得ないだろう。<そんなことは聞いてない


ヽ(´ー`)ノ


「うおっこれ奈良から持ってくるのか!」とちょっと驚いちゃいました。さすがに関西人なんで私も見たことがあるんですが、2メートルに満たない大きさでありながら、なかなかの存在感を放ってたことを良く覚えています。

顔も多ければ役割も多い神で、仏教では守護者たる位置づけにいたと記憶してるけど......他の地域では戦いの神であったり干ばつの象徴であったりするんだよね。 故にいろんな解釈でメディアに登場するところが面白かったりします。

改めて見ると、むかしの若乃花に似てますね。関係ないけど。


ヽ(´ー`)ノ


サイトを見ると、なんと阿修羅だけじゃなくて八部衆自体が勢ぞろいするらしいじゃないですか! おっとこれはテンション上がってきたぞ。 ヘタしたら生きてる間に勢ぞろいを見れるのはこれが最後かもしれません!
どう? 機会があったらみんな行ってごらんよ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

復習はするが、レシピは好きに弄っちゃう

作ったあ。


090118_01 090118_02

昨日教わったばかりのチキンバターマサラ、それからトマトと玉ねぎのアチャールです!
チキンバターはトマトの酸味を生かしたかったので、玉ねぎ少な目のトマト多めで作ってみました。 まぁその分じっくり煮込まなきゃいけないんだけど、圧力鍋を使ってショートカットしちゃうのだ。

ハチミツや生クリームを多めに使ってとってもリッチ!
でもご飯にはまったく合わねぇ!(;´Д`)やはりナンか


一番面倒だったのは、肉の仕込みかしら。
チキンバターマサラに使うために、わざわざチキンティッカを作らなアカンしなあ。今の作り方もかなり簡略化したつもりなんだけど、ティッカはもっと素早く作れたほうが便利だと思う! いろいろ試してみよう。

ティッカのレシピは、また後日!
どっちにしても濃厚で美味しかったです。


んでもってアチャールですが、青とうがらしを使って南インド風に仕上げました。
んー......玉ねぎは水にさらしたんだけど、まだピリピリしてたからもうちっと工夫が必要、かも!

< トマトと玉ねぎのアチャール >

    【用意】
  1. トマト       1個 細切れ
  2. アーリーレッド  1個 細長くスライス
  3. 青とうがらし   2本 みじんぎり
  4. 白ワインビネガー 大さじ2
  5. サラダ油     気持ちちょっぴり
  6. レモン汁     好みの酸味で調節
  7. 塩         小さじ1

    【手順】
  1. 小玉ねぎはスライス後、水によくさらしておく。
  2. 玉ねぎの水をよく切る。
  3. 全部混ぜる。
  4. (゚Д゚)ウマー

かんたん!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

笹塚の本間商店さんに行ってきたよ

んもー、やっと来れました。 日本酒通には良く知られているお店で、熟成酒や無濾過生原酒を中心としたラインナップがとっても充実しています!

本間酒店@笹塚十号通り商店街 東京都渋谷区笹塚2-43-7 TEL: 03-3377-8281
地図

090117_07

うっはははは、こりゃホントすごいわ。 どれも片っ端から好きな銘柄ばかりなんだけど、なかなかお目にかかれない種類というか造りというか......「え、この銘柄にこの米を使ったバージョンなんてあったんだ!?」といったサプライズに見舞われること必死です!ヽ(´ー`)ノ


090117_09 090117_08

何はなくとも「十旭日」(じゅうじあさひ)!
もう店に入る前から決めていたワケなんだが、もう一つ、あの「奥播磨」の蔵元で造られて、最低2年は熟成させてから出荷しているという「白影泉」(はくえいせん)を見つけて我慢できずに購入(´Д`)y─┛~~


「十旭日 純米吟醸 無濾過生原酒 改良雄町 木槽しぼり 18BY」
「白影泉 山廃純米 雄町65 16BY」

あれ、よく考えたらどっちも雄町米だったか(笑)
どんだけ雄町が好きやねんと。


さぁ、常温で部屋の中に放っておいてガンガン熟成させていこう!
4ヶ月くらいかけてじっくり飲んでいくつもりです。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド料理教室 at インド家庭料理ラニ

横浜にあるインド料理ラニさんによる、インド料理教室に参加してきました!
いやーヨコハマは遠いわー。 ちょっと寄り道したにせよ往復 2,000円 +受講料 5,000円 となかなかの出費ですからね、きっちり元を取るべく勉強してきました!


インド人シェフのブログ | チキンバターマサラ・タンドリーチキン・ナン 2
↑当日の様子が掲載されてます。
レッスンの様子を写した写真には、私も入り込んでますヽ(´ー`)ノ


090117_01 090117_02

目的は「家庭料理じゃないインド料理を学ぶ」です。
だっていつも作ってるのって、家庭料理ばっかだもんね。これはこれで応用が利いていいのですが、王宮料理といいますか、日本人がまっさきにイメージする北インド料理のニュアンスも覚えておきたい!ってね。


090117_03

なんせ最初から最後までガンガン質問です!
んでもってガンガン書き込んでいきます。 こういう時は当たり前のことだとわかってても質問する! なんせインド料理店の厨房に入ったことも初めてならインドの方から教えを請うのも初めてですからね、お陰でいくつか強烈なインプレッションを得ることができました!


090117_04

あっはは、ナンってホントにタンドールにくっついてるんですね!
釜の中を覗くのって初体験だったので、この絵はなかなか忘れられないだろうなぁ(笑)


090117_05 090117_06

いただきます!

ハリオムさん曰く「普段お店ではトマト100%で玉ねぎとかは使わないんだけど、私は玉ねぎを使ったほうがサッパリして好き」なんだそうです。 ああ、なんかそれわかる気がするなぁ。 今日のレシピに忠実なバージョンと、トマトだけのバージョン、それから「オススメしないよ?」と言われたけどバターの代わりにギーを使ったバージョンと、3通りは作ってみようと思うよ!

ああ楽しい!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

UNDERGROUND/THELONIOUS MONK

私は管楽器がニガテだったので、ピアノ・トリオ編成じゃないジャズは敬遠してたんだけど......これは買ってよかったー! 俺のジャケ買いはかなり良作ヒット率が高くなってきたなーと思います。


UNDERGROUND/THELONIOUS MONK [Jazz]
090113_01

  1. Thelonious [Take 1]
  2. Ugly Beauty [Take 5]
  3. Raise Four
  4. Boo Boo's Birthday [Take 11]
  5. Easy Street
  6. Green Chimneys
  7. In Walked Bud
  8. Ugly Beauty [Take 4]
  9. Boo Boo's Birthday [Take 2]
  10. Thelonious [Take 3]

おおこれは凄く良い!
のっけから "#1 Thelonious" はなんかテンション低いなー、大丈夫かー?と思いながら聴き流してたんだけど、おお、この後半のテンション上がりっぷりは好きだぜ!

ホントね、最初だけ聴くと不安になる曲も多いのですが、いずれもモンクのピアノが徐々に燃え上がっていき、周りに点火させていく感じ。 これはなかなか熱くて良いんじゃないですかね!

特に変態的な "#3 Raise Four" は最高です!
ハードバップもたまには良いじゃないか。そう思える一枚だと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウイルスに感染した!(ある意味紛らわしい

「うおおおお!これはノロか?はたまたインフルエンザかーッ!?」ってくらい体調悪かったので病院行ったんですが、どちらもセーフで一安心! むらさめです。>挨拶


いやー
ヤマイは、じゃない、病は気からと申しますからね! こんなときこそ普段よりもガツガツ食べて外の空気を良く吸ってそんでもってよく寝て回復を図るのです!

ちなみに気合を入れるために、懐かしい↓を流してたら

兄貴と私 (Big brother and me)


よけい悪くなりました......(;´Д`)
まるで体の隅々までプロテインで洗浄されたような気分なんだぜ。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

南インド料理をばんばん復習してます

あんまりグルメブログにはしないでおこうと思ってるんだけど、さすがに「料理」カテゴリくらいは作ったほうがよいかしら......ねえ?


090112_01 090112_02

今日はジャガイモのポリヤルと、サンバルカレーです!
材料がいろいろマニアックなんで、日本のご家庭ではなかなか再現できないメニューなのが残念(;´Д`)


ちなみにどちらもマスタードシードカレーリーフを使う南インドのフォーマットです。サンバルは「スープ」で作る人や「カレー」で作る人などさまざまですが、いずれにしろタマリンドで酸味を取るのが決めてですね。

まぁ日本人の俺は梅干を使って酸味を出しますけど、ネ!ヽ(´ー`)ノ


ああそれにしてもポリヤルの完成度がいまいちだったなー。個人的にはもっとジャガイモがフカフカしてるイメージだったんですけど......今度作るときは先にジャガイモをゆでてからやるかなっ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

バースデイは外で食う。夜の巻。

じ、じ、ジビエが食いたい......っ!!ヽ(`Д´)ノ


という自分の欲求には素直に従いましょう! バースデイだしな!
今日は萬鳥でワインだー


090111_05

【萬鳥】 フランス産YAKITORI
東京都台東区西浅草2-2-13 Tel 03-3845-4430 水曜休
地図

わお、すっごい久しぶりだよここ!
思えば東京・丸の内に2店目を出店して以来、とんと足が向かなくなっちゃったもんなぁ。 焼きの腕がスゴイおねーさんも戻ってきてるし、さすがに最近はちょっと落ち着いただろうからそろそろ、と思って来店してみたよ。


090111_06

今日のワインは「Bourgogne Pinot Noir Domaine Jean Fournier 2000」。
たぶんミドルボディ。酸味はそれほど強くなくてベリー系の甘さがありますが、スパイシーさと渋みが印象的な一本でした。値段が低いわりに美味い!

ああ、ただこれは私のチョイスが悪かったか......酸味があまり強くなかったので、今日みたいに焼き鳥ばっか食べてるシチュエーションではやや弱い!と感じました。
きっと日本酒にすればこの辺の問題は解決したなー(笑)


090111_11

斬新すぎな角度から写真を撮ってしまったwwwけど、「フォアグラと鳥レバーのパテ」がめちゃんこ優秀! お腹が一杯のときは、これとワインがあればオッケーとすら感じる美味さだ。


090111_07_2 090111_08

串は萬鳥コース(2,900円)でのんびり!
その中でもバッチリ美味かったのが「ブレス産若鶏のもも焼き ねぎ添え」です! ああ思い出した、最初は「ぶれすどり??」て思ってたんだけど、フランスのブレス地方の鳥か! 肉質がしっかりしててジューシーなのな!

あと「フランス産うずら焼き」も美味かった。骨付き肉って食べるの面倒だからちょっとニガテなんだけど、ついついむしゃぶりついちゃいましたヽ(´ー`)ノ


090111_09

さてジビエ!
今日は「ピジョン・ラミエール」つまるところ山鳩ですね(゚Д゚)クルッポー

うまいうまいうまい! やっぱジビエは最高だぜ!
残念ながら入荷してなかったので「エゾ鹿のロース焼き」などは食べられませんでしたが、この滋味、この独特の風味、野禽類ってホントうまいなーと思います。


そして


090111_10

すいません......やっぱカレーは外せない(笑)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

バースデイは外で食う。お昼の巻。

バースデーでした! 31歳です!

というわけで、まずはスパイスカフェからスタートします。
昨日も行ったんだけどな!!!(゚Д゚)

Spice Cafe
東京都墨田区文花1-6-10 Tel 0336134020
地図


090111_01

まずは昨日食べた「かきカレー」1200円です。
これは日替わりだしその内食べられなくなりますので、ぜひ見かけたらチョイスしてみてほしいな! やはり米を主食とする文化には相応の共通性が現れるものなのか、かつおぶしや牡蠣、紫蘇なんてのがインド料理のフォーマットにピタリとはまるのが驚きです。

たんどーるで食べられる和印料理もそうですが、このかきカレーも五感をぐいぐい刺激してきます! 特に鼻腔から入ってくる味覚情報がハンパなくって、アタマのなかのクリエイティブな部分がいい感じに動いてます(笑)


090111_02

んで本日は「ラッサムスープ」950円です。
このね、ライスの上の「ジャガイモのポリヤル」「ほうれん草のポリヤル」「キャベツのマリネ」(呼び方あってんのかな?)が超優秀なんです! 私も見よう見まねで作ったりしてますが、いやー、この3種はラッサムスープを語る上でかなり重要ですよ。

交互に、あるいは全部まぜまぜしながらラッサムスープをかけて食べる。カレーとしての美味さを掘り下げていくというよりは、味の可能性を横に広げていくような楽しさがあると思うよ!


090111_03 090111_04

ちなみにバースデイプレゼントってことでデザートを+αしてもらっちゃったヽ(´ー`)ノコーヒーまで大きくなったヽ(´ー`)ノ
ありがとう!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

やっぱりすごかったヒムロック

買おうかどうか迷ってたんだけど!

21ST CENTURY BOOWYS VS HIMURO/氷室京介 [Rock]
090110_02
  1. OPENING
  2. B・BLUE
  3. ROXY
  4. RUNAWAY TRAIN
  5. WILD AT NIGHT
  6. JUSTY
  7. CLAUDIA
  8. LONGER THAN FOREVER
  9. BLUE VACATION
  10. B・E・L・I・E・V・E 他 全32曲

BOOWYの曲はぜんぶカラオケで歌えるヽ(´ー`)ノぜい!

と、いうくらいアタマの隅々までBOOWYで汚染されてる私ですので、ひょっとするとこれを聴くことで幻想が壊れたり......なんて思ってたんですが! 何のことは無い、やはり氷室はすばらしいヴォーカリストだね!っていうのを再認識した一枚です。

私はソロ時代の氷室も好きなので、最初から最後までがんがん楽しめました!
ていうかこのBOOWYからの選曲が凄すぎて笑う! "#9 BLUE VACATION" とか "#5 DOWN TOWN SHUFFLE" なんてちょっと総毛立ちました。 これが今の艶っぽい氷室のヴォーカルで聴けるんだから最高じゃないですか。

あー凄い満足。


そして改めて思うのは、BOOWYというのはホント奇跡的なバランスで成り立ってたバンドなんだなぁと。 あの荒々しさとか気取った感じとか、布袋がコーラスに加わったときの絶妙なニュアンスなんかは、もう誰も、本人たちですらも再現できないんでしょうね。

青春時代に、いいバンドを聴いて過ごせたのはラッキーとしか言いようが無い。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

[書] 文章を読んだだけでよだれが止まらないんですけど...

これは買って正解だった!

ごちそうはバナナの葉の上に―南インド菜食料理紀行/渡辺玲 [出帆新社]
090110_01

もう初版から10年は経過しちゃいましたが、当時全然メジャーではなかった南インドを取り上げた金字塔的著書!

せっかく南インド料理を作るんだから、各州の位置や風土、主要な料理について勉強するぜい!という目論見で購入したのですが、まさに望んだ情報があって大満足です。 土地ごとの特色やスパイス、味付け、油や辛さなどの細かい部分まで言及してますので、「南インドって話にはよく聞くんだけど、もう一歩踏み出して知りたいんだよね」って人には丁度いいと思います。

おまけ程度ですが、南インド料理のレシピも載ってます!
しかし10年か......今の南インドって、この本の内容からどれほど変化してるんでしょうね?


まぁ強いて言うなら「地図が無い」「写真が無い」のが不満でしょうか。
文章から想像するのには限界がありますからねー、どの州がどこに位置しているのか、地図で確認しながら読めると良かったんですが......と思ったので、

↓こちらと合わせて読むとさらに理解が深まります!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

Deathmachine/Myrkskog

超絶クオリティのサイバーブラック!

Deathmachine/Myrkskog [Black Metal]
090109_02

MySpace - Myrkskog

  1. Discipline Misanthropy
  2. The Hate Syndicate
  3. A Poignant Scenario Of Horror
  4. Sinthetic Lifeworm
  5. Syndrome 9
  6. Morphine Mangled Torture
  7. Deathfare To The Devil
  8. Deathmachine
  9. Pilar Deconstruction (Syndrome 9 Re-Mix)

このジャンルの代表格でもあるZyklonが色濃く影響を受けてると聞いて購入したんですが、なるほどよく似てるんですね。
しかしすっごい!
まさに台風のごとき怒涛の音像。威圧感も重さも、速さも攻撃性もおよそこのジャンルに求められている要素を完璧に満たしているんじゃないでしょうか。音の壁だよこりゃ!

もっと早く手を出しておけばよかった...
疲れた時のいいストレス発散になりそうヽ(´ー`)ノおすすめはしませんがヽ(´ー`)ノ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすが手間がかかってる豚だけあります

会社の人たちと新年会です!
仕事のクライアントとか、他の会社さんと顔をあわせてる時間の方がはるかに多いので、自分の会社の人たちと会うのって新鮮!おかしな話ですけどねー。


ろばたの炉 神楽坂通り店 - ぐるなび
東京都新宿区神楽坂3-5 神楽坂センタービル1F Tel 03-5206-5959
地図 年中無休


090109_01

むむむ!!!
神楽坂店の方は正直なところ「大したことねえな」と思ってたんだけど、コースはかなり美味い! とくにこのセイロで頂く「和豚もち豚のせいろ蒸し」は、豚のモチモチした食感のみならず野菜までうまみが浸透してて、すっごいGJです! これは拍手を送ろう!


和豚(わとん)もち豚って初めて食べたけど、これはなかなか...
今回は蒸して食べたけど、ぜひ他の調理方法でも食べてみたい!そう思える豚でした。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

その執念深さ、ウィザード級。

写真素材 PIXTA
(c) ライブ写真素材 PIXTA

いやー驚いた!
電車で帰宅してるとき、ドアが閉まったはずなのに電車が動かなかったのね。あれ?なんで?と思ってドアを見たら、


人の手だけがドアから出てた(゚Д゚)


だああああ!!なんじゃこりゃ!?と思ってみたら、なんか酔っ払ったオッサンがむりやり電車の中に入ろうとして、いまも手だけ突っ込んでもがいてるんです!(笑)
ちょwww おっさん勘弁してくれwwww

しかもですよ、そこであきらめればいい所をちょっとドアが開いた瞬間にさらに体をねじ込んでくるんです! すげえチャージ力ですよ! そのもがきっぷりたるや、気分はすっかりバイオハザード! そんな異常さに緊張の走る車内! わたしは周りを見回して銃火器が落ちてないかすばやく確認! <ねえよそんなもん



ああまぁそんなオッサンの話はどうでもよくてですねヽ(´ー`)ノ、いろいろ更新できなかった12月分、いくつかエントリーを追加しておきました!

Neutral Air: クリスマスはスパイスカフェ。はい、復唱して!
Neutral Air: 押上よしかつで東京の地酒をひとまわりする

よろしく!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

知ってる曲は少ないんだけど面白い!

「崖の上のポニョ」のテーマソングで以下の歌詞を思い浮かべてください!

ほーぅちょ 包丁 包丁 持つ彼女
放っておいたら 病んでいた
ほ~ら ほ~ら ほら 錯乱だ
ヤンデレ 夜中の 女の子

ヽ(゚ロ゚;)ノ

このリズムにティン♪ときたらこの動画!

いやーあかんわ! 嘉門達夫の全盛期をリアルタイムで経験している身としては、これは全力で応援せざるを得ない(笑) 今までのも相当面白かったけど、今回も笑い死ぬかと思った......


【VOCALOID】ニコニコ替え唄メドレー 第3幕 (Part 1 of 2)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつ歯がまっ黄色になるか不安でしかたがないうp主

私が風邪を治すときのスタイルは、ひたすら栄養のあるものを食って食って体力つけて、薬で止めを刺す! 体力がない状態だと、ちょっとした空気の淀みとか寒さで悪くなっちゃうからね!


090107_01 090107_02

つうワケで、レモンライスいくぜ!ヽ(`Д´)ノ
コレ簡単、材料がなくても代用品でばんばんやっちゃうもんね!

< レモンライス 1人前 >

    【用意】
  1. 米        1人前炊いておく
  2. チャナダル    小さじ1/2
  3. カレーリーフ   5枚
  4. マスタードシード 小さじ1/4
  5. たかのつめ    2本
  6. しょうが     1片 みじん切り
  7. ししとう     2本 みじん切り
  8. レモン汁     小さじ2
  9. ターメリック   小さじ1/4
  10. カシューナッツ  10コ
    【手順】
  1. フライパンにサラダ油少々を熱し、チャナダル~たかのつめまで一気に投入。中火。
  2. ダルが色づいてきたらしょうが~レモン汁を投入。弱火。
  3. 続けてターメリック、カシューナッツを投入。
  4. 炊けたご飯にかけて全体によく混ぜ混ぜする。

ししとうがないから青唐辛子を使ったり、チャナダルがないからトゥールダルを使ったり(なくてもヨイ)してますが、まあokさ! マスタードシードはチューブの「粒入りマスタード」でもいいし、カシューナッツはピーナツでもいい。

要は香ばしいクリスピー感を出すことが目的ですので、ぶっちゃけ無くても良いんだよねヽ(´ー`)ノ
一口めは「...いまいち?」と思ったけど、追加でレモン汁ぶっかけたら美味くなった!ヽ(´ー`)ノ


(゚Д゚)<ぶっかけは男のロマンだからな!!! <黙れ


つまり酸味によるサワヤカさを出すことが重要、か。
↓を参考にしました。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

画素数の差が戦力の決定的差でない

画素数って、簡単に言うと「どれだけ大きく撮影できるか」の指標でしかない。

デジカメに1000万画素はいらない/たくきよしみつ (講談社現代新書)
090106_02

第1章 嘘がまかり通るデジカメの世界
第2章 間違いだらけのカメラ選び
第3章 デジカメは「買ったまま」使うな!
第4章 「ガバサク理論」で写真が激変する
第5章 デジカメ達人への道
第6章 自由自在にカメラを操る
第7章 撮った写真はサクッと直す


これは著者が朝日新聞be上に連載していた記事をまとめたものです。 まぁなんとも挑戦的なタイトルではありますが、ようするに「画素数が高い方が売れるから高画素化が止まらないけど、今の技術のまま画素数を落としたCCDを作れば、もっとキレイな写真が撮れるはず」ということを言ってます。

うん。 そりゃあ確かに私のブログにしても、表示している画像のサイズは3万画素だしね!ヽ(´ー`)ノ 世間では「写真に印刷するなら高画素の方が良い」とか言ってる人もいるけど、ありゃあ嘘だしね。


でも問題はですね、高画素化とあわせて手ブレ補正・オートフォーカス・ノイズ除去などの技術も発達してきてることなんですよ。そういう新技術を手に入れるにはどうしても新モデルを買う必要があり、ついでに画素数も上がってしまうという構造になってしまう。
あれ?ひょっとしてこの部分ってすっごいビジネスチャンスが転がってるかも!? かなり大胆なキャッチフレーズと共に、低画素でメチャ写真がキレイなデジカメが出れば売れるんじゃないかしらねー。 安くできるかがポイントだと思うけど。


はい、というような話が2章まで続きまして、それ以降が面白いんです!
著者の提案する「ガバッと近寄ってサクッと撮ろう!」なガバサク理論を中心に、カメラの設定はどのように弄ればよいか、写すときの設定切り替えの判断はどのようにすればよいか......など、非常に勉強になる内容が盛りだくさん!

7章ではパソコンに取り込んでから素早く補正する方法についても触れていますが、使ってるソフトがIrfanViewっていう私と同じソフトだったりして、妙な親近感が沸きました(笑)


ブログにアップする画像の加工で一苦労......と思ってる方は、参考にしてはいかがでしょうか!

ガバサク流デジタルカメラ談義
デジカメのキモ 怒濤の「ガバサク」理論
最強画像ビューアIrfanViewのバグ修正済み最新版4.23が登場 :教えて君.net




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぜんざいパワーで風邪を乗り切るぜぃ

ウボォゥゥアァァァア!!!! 風邪引いた!! (;´Д`)

やっぱあれだよなー、帰りの新幹線で隣に座ったにーちゃんとか、他にも色んなところからゴホゴホ聞こえてたからイヤーな予感がしてたんですが......モロに食らっちゃったみたいだよ!

shit!どうせなら可愛い女の子からうつされたかったですよね。もちろん、性的な意味で。


「どーせ正月に浮かれて、股間に門松とかつけて走り回ってたんじゃないですか?」

「しねえよ!www」


090106_01

ハイ、もう熱でクラクラしてて逆にテンション上がっちゃってますけど、ぜんざいでも食って体をあっためましょうヽ(´ー`)ノ

< 赤 い お 汁 1 人 前 >

    【用意】
  • あずき 40g
  • 砂糖  好きなだけ
  • 塩   適当で
  • モチ  お好みで焼いておく
    【手順】
  1. なべに小豆を投入し、たっぷりの水で浸して強火。沸騰したら湯をすて、再びたっぷりの水で強火。3回やる。
  2. 小豆にかぶる程度の水を沸かし、沸騰たら弱火に。水がなくならないよう継ぎ足しながら60分ほど煮込む。
  3. 豆が柔らかくなったら砂糖と塩を投入し30分煮込む。
  4. 器にうつしてモチを入れて完成。

灰汁をできるだけ取っておくのがポイントと見た!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

ネットに舞い降りた歌姫は何かを主張しているのか?

ユリイカ 増刊号 総特集 初音ミク
090104_01
初音ミク - 青土社

ああなるほど、これはニコニコ動画における初音ミクをはじめとしたVOCALOIDの存在を、文芸の立場から評論するものなんですね! ユリイカってそういう雑誌だったんだ......

VOCALOIDとは (ボーカロイドとは) - ニコニコ大百科
VOCALOID - Wikipedia

そういうわけで思ってたような方向性ではないものの、VOCALOIDの今を切り取ってその可能性や存在意義を問う特集本! これがついに出たことにちょっと感動してしまいましたよ。
ハッキリ言って中身濃すぎて消化しきれません(;´Д`) けど、VOCALOID文化を他のオタク文化と切りはなした上で論評している点など凄くいいと思うし、今後ニコニコ動画やVOCALOIDを語る上で重要な足がかりができたんじゃないかと思います。


でもどーせここまでやるんなら、もっと初音ミクに対してボロクソに批判的な記事があった方が面白かったかもね!
普遍的な言い回しを心がけるよりも、その方が初音ミクの存在についてコントラストがハッキリして見えやすくなるんじゃないかと思ったよ!


あとひょっとしたら今回の目玉だったのかもしれませんが、対談というか数人で討議されている内容が、全然まとまりがなくてつまんねェ......




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

これぞまさにカレー臭というべきか

東京に戻ってきたーッ!

なんせ帰省ラッシュのピークですからね、3時間以上かかるのを覚悟して、各駅に停車する新幹線で帰ってきたんですよ。 最初から座れてラッキーでしたヽ(´ー`)ノ


さぁ寝るぞーっ!と思ってドアを開け、中に入って


「うわカレー臭ッッ!!!!」


なんじゃこりゃあ!?
一体おれの部屋はどうなってんだ(;´Д`)


そんでもってそのあと宅急便の配達に来たおっちゃんが一言。
「お、カレーですか、いいですね」


「4日前のカレーの匂いですけどね」

ヽ(´ー`)ノ




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

関西では本当に一家に一台たこ焼き機があるのか?

そう、これは関西人のみならず全世界共通の悩みでありましょう。
青森県の人は毎日リンゴ食ってて、香川の人はうどんが主食だの、この手の話をすると枚挙に暇がないわけですが、さてさて関西人の家にはかならずたこ焼きマシーンがあるんでしょうかね!? <その前に青森と香川の人にあやまれwww


いや実はね、わたし実家は滋賀ですけど、たこ焼き機をみた記憶があんまりないんだよねー。 大阪だったら確実にあるだろうけど、ウチにはないんちゃうかなー?と思ってたんですよ。


「なぁおかん、ウチにたこ焼き機なんかあるんかいな?」

「ある。関西人ナメんな」


ホンマにあるんかいな!!!(゚Д゚)
ちょっと驚きました(笑)


090103_01

ってワケでたこ焼きパーティーヽ(´ー`)ノ
地元の友達と開催です!


090103_03

ほぅら素人でもこんなにまーるく作れちゃうんです! むろん粉モノが主食である我ら関西人ですので、これ以外の食事はありませんヽ(´ー`)ノ


090103_02

得物は滋賀の地酒、「喜楽長 純米」です!
つうか喜楽長でこのラベルって初めて見ました。これは「祝ってやろう」って書いてあるんですが、もう一つ「窓越しの片思い」って書いてあるバージョンもありましたよ。

これね、うーん、冷と常温で飲んでみたんだけど、ちょっとイマイチか......燗で飲むと評価がひっくり返る類のお酒だなーと感じたんですが、試せる環境ではなかったので断念!

ウチの部屋でしばらく熟成させてみるかなっ。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

滋賀の地酒をいろいろ飲んでみるよ

せっかく地元に帰るんだから、滋賀の地酒を飲みまくってやるぜーぃ!ヽ(´ー`)ノ
ということで、滋賀県は大津にある西武百貨店で福袋を買ってきたんですよ。


「滋賀の地酒セット(3200円)」

内容は、吟醸酒・純米吟醸・山廃仕込純米吟醸と各ランクがバランスよく入ってる感じ。
正直、吟醸酒はあんまり好きじゃない......のだけど、今回はランダムに滋賀の地酒をピックアップして特色を楽しむ!ことにあるので、これはこれで良し!ヽ(´ー`)ノ 普通に買ったらコレ4500円くらいしますからね、これが3000円強で買えるってのも嬉しいよ。


090102_03 090102_04

んでは!

左から「吟醸 SORA 宙」
辛口ってわけじゃないけど淡麗。 冷、または純米の時にもっとも美味しいと思われます。 ためしに燗にしたんだけど、味がつぶれちゃってダメだったなあ。

次は「萩乃露 吟醸純米」
これ美味いですね。山田錦を使ってますので個性が出にくいところではありますが、とても瑞々しい出来でした。 燗にしてもokだと思うし、まだまだイケそうだったので実家で熟成することに決定。


090102_05 090102_06

んでこれが最後!

左が「美冨久 酉也吟純聖(いぎんじゅんせい) 山廃純米吟醸」
こここ、これがめっちゃくちゃ美味かった! 山廃仕込みの純米酒のクセに、もんのすごい香りがよくてビックリデスヨー。 友達との飲み会に持参したんですが、なかなか好評だった!

最後に、「七本槍 純米 渡船」
これは福袋とは別に買ったんですヽ(´ー`)ノ
だって幻の酒米「渡舟六号」を使った七本鎗なんて、東京で見たことないんだもんヽ(´ー`)ノ がんがん熟成できそうな酒だったので、一口飲んであとは実家で半年ほど眠らせることにしました!

うくく、これは半年後、一年後が楽しみだなあ!


090102_02

寒ーい部屋でこんな感じの利き酒をしてたら、ウチのネコがごっつい不思議そうな目をして見てましたよ。 おまえもどうや?って薦めたんですが、さすがに酒は嗜まないようで(笑)




| | コメント (0) | トラックバック (0)

実家からこんばんは

090102_01

滋賀に帰ってきてまーす。

しかし寒い!(;´Д`)
岐阜とか京都は晴れ間が広がってたのに、ウチの近くだけ積雪とか!!

俺はもうこの地域では生きていけないwww




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

インド料理初め

帰省のためしばらく家を空けますので、冷蔵庫の食材、とくに肉を何とかしなくては......ということで!


090101_02_2

イヤッホオォォオオォォオゥゥゥゥ!!
新春インド料理大会ッ!!!ヽ(´ー`)ノ

まずは基本の「豚肉キーマ・香取風」。
これはとてもベーシックなもので、たまねぎ、バター、トマトを炒めてから各種スパイスを投入し、圧力なべで15分ほど煮込んで完了でっす!


090101_01_2

これは、わはは、これは初挑戦。
「なんちゃってチキン・マライティッカ」です!

マライティッカっていうのはお肉をヨーグルトベースのスパイスに漬け込んでおき、タンドールで焼く料理なのですが、釜なんてないからフライパンで焼いてやりましたヽ(´ー`)ノ

【用意】
・鳥むね肉    150g
・ヨーグルト   1/3カップ
・生姜      1かけら
・にんにく    1かけら
・豆板醤     小さじ1
・ブラックペッパー小さじ1/2
・コリアンダー  小さじ2
(だったと思うけどかなり適当にやりました)

【手順】
1. ビニール袋にすべて投入。
2. モミモミしてから放置プレイ(何
3. 30分後、取り出してフライパンで焼く。

これメッチャうまい!スパイシー!おれすごい!
調理時間も短いので、今後も良く作ると思います。


↓キーマはこちらにレシピあります!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます!

本年もこのブログともどもよろしくお願いいたします。


去年のテーマは「挑戦」でした。
いままでの自分の枠を超えていろんなことにチャレンジしていこう!ということで、趣味の領域をどんどん拡大していったんですが、そろそろ吸収した知識を「定着」させていくプロセスが必要かな、と。


というわけで今年のプレ目標は、まずは「実践」かしら。
いろいろ暖めてることを実行に移していかなくては......。転職とかもそうだけど。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »