« Watershed/Opeth | トップページ | ちくま日本文学 柳田國男 »

2008年8月 3日 (日)

私の男

桜庭一樹といえば「赤朽葉家の伝説」の印象が強かったので、正直こんな作風もできるのか!!と驚いてしまいましたよ。


私の男/桜庭一樹 [文藝春秋]
080803_05

いやあ、ドロドロしてますねー。

まだ読み始める前、さてどんな話しかねー?と思ってパラパラとページをめくってみたら、「おとうさんの唾液でべとべとになった」みたいな記述があってドン引きしたんですがwww、そうですか、桜庭一樹は近親相姦モノもokな作家なのですね。


たぶんみんな、読了後にもういちど最初の方を読んでしまうんだろうねヽ(´ー`)ノ
途中で気付いて「おお!」て思ったのだけど、面白い構成だと思います。


さて、しかしながらこれが直木賞受賞か......
禁忌を取り扱ってるわけだし、誰にでもオススメできる作風じゃないんだけど、それでも受賞できちゃう世の中になったんだなぁ。 おれは子供とか周りに薦めにくい本に賞をあげるのはどうかと思うけどね!




|

« Watershed/Opeth | トップページ | ちくま日本文学 柳田國男 »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/22761755

この記事へのトラックバック一覧です: 私の男:

« Watershed/Opeth | トップページ | ちくま日本文学 柳田國男 »