« 淡路町・トプカ | トップページ | 人生は短くはないけど、別に長いわけじゃない。 »

2008年5月19日 (月)

純米酒を極める


俺なら2000円だしても買います。


純米酒を極める/上原浩 [光文社新書]
080519_03

おいおい、これ800円もしないんですけど...
残念ながらもうお亡くなりになっていますが、日本酒、特に純米酒のパイオニア的存在といっていいだろう、上原浩さんの著作。

とにかく熱い熱い!
「日本酒とは純米酒のことである」という彼のスタンスを元に、いかにして日本酒は衰退し、また復活を遂げてきたのか、今後の日本酒業界のあり方はどうあるべきなのかについて熱く論じていますよ。


私、最近になって日本酒好きが復活したからイロイロ勉強したかったんだけど、もうコレ一冊で知りたかったことが完全に網羅されてます!

・日本酒の種類について
・本醸造ってなに?
・主な酒造好適米ってどんなんがある?
・日本酒の造り方の違いについて
・ラベルの読み方(日本酒度、酸度、度数、アミノ酸度etc)
・どんな蔵元がいいの?
・どんな酒屋がいいの?

これ全部書いてます。
日本酒が飲める人だったら、すっごい魅力的じゃない?? それに日本酒がニガテな人でも、どんなのを飲めば自分にぴったりのものが見つかるか、そのヒントを得られると思いますよ。


080519_04
「酒は純米、燗ならなお良し」

これは名言だよなぁ!

|

« 淡路町・トプカ | トップページ | 人生は短くはないけど、別に長いわけじゃない。 »

書(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/21064757

この記事へのトラックバック一覧です: 純米酒を極める:

« 淡路町・トプカ | トップページ | 人生は短くはないけど、別に長いわけじゃない。 »