« チョコレート・アンダーグラウンド | トップページ | 体中バキバキでs »

2008年1月 7日 (月)

ある愛の詩


ある愛の詩/新堂冬樹 [角川文庫]

これ新堂冬樹のことだから、タイトルに愛とかついててもものっそ悪い男の話なんやろうなぁ......と思って買った俺自爆ヽ(´ー`)ノとっても素敵なラブストーリーでした!

あらすじは色んなところで見れるだろうしドラマ化もされてるので省きますが、舞台となる小笠原の美しい自然がリアルなイメージで伝わってくる、確かな良作です。

特に海、海の描写がいいんだわ!
透き通る青、目の前を泳ぐ魚やきれいな貝殻など、まるで自分が見てきたかのような錯覚を覚えるほど丁寧に描かれているので、読後もすっきりいい気分。ええ話やなーとうっとりしながら自分も青い海にダイブして、イルカと泳いだり綺麗な女性とであっ(ry


<いや、それは妄想ですから(゚Д゚)


あーそれにしてもいいリハビリになりました!
なんか年末の私ってカタイ文章が読めない症候群みたいになってて、ビジネス書の類とかがまったく読めなかったんですよ。電車の中でも音楽に集中してるばかりでさすがに勿体無いし、部屋に積み上げた書籍の山は減らないし......で困ってたんですよね。

うん、たまには恋愛小説もいいもんですね。

|

« チョコレート・アンダーグラウンド | トップページ | 体中バキバキでs »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670360

この記事へのトラックバック一覧です: ある愛の詩:

« チョコレート・アンダーグラウンド | トップページ | 体中バキバキでs »