« 井荻・丁字 3回目 | トップページ | 日帰り大阪旅行(?) »

2007年10月12日 (金)

狼と香辛料 �T


スパイス繋がりでヽ(´ー`)ノ

狼と香辛料/支倉凍砂 [電撃文庫]

あ、なかなか面白いわ!

「いかにもラノベ」的な表紙がなんとなく気に入らなくて、今まで食指が動かなかったんですけど、なるほどこれは各所で評判が良いだけはありますよ!

内容はファンタジー...というか、中世モノという感じ。こういう「神話がかろうじて生き残っていた時代」って、どんなテーマを取り扱っても物語に広がりが出るので好きです。

また、商人が主人公ということで、言葉や商品を武器にした交渉戦が繰り広げられるのも本作のポイントだと言えるでしょう!
コンパクトにまとめてはいますが、なかなかにスリリング。

それにしても...こいつら始終ラブラブだったな...

|

« 井荻・丁字 3回目 | トップページ | 日帰り大阪旅行(?) »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670276

この記事へのトラックバック一覧です: 狼と香辛料 �T:

« 井荻・丁字 3回目 | トップページ | 日帰り大阪旅行(?) »