« アルファ型のイリーガルだ。 | トップページ | 涼宮ハルヒの分裂 »

2007年10月14日 (日)

チーム・ビルディング


いろいろ環境要因が強く作用したりして、この手のプラクティスはなかなか実行に移すのが難しかったりします。それでも知らないよりはマシ、だと俺は思うよ。

チーム・ビルディング―人と人を「つなぐ」技法/堀公俊,加藤彰,加留部貴行 [日本経済新聞出版社]

ん、まぁ、タイトルから期待していた内容からするとちょっとガッカリ風味もありますが、投資分のインプットは得られたので個人的にはokです。

チーム活動でリーダーを張っていると、そのうち感覚がマヒして初めのころの情熱を忘れちゃったりします。 そういうのはなんか勿体無いなぁ、と思ったので、初心に帰ってみたよ!


そして本書ですが、チーム活動に主眼を置いた上で「1+1」を3にも4にも引き上げるようなダイナミズムを生み出すことを目的としています。 各種分析手法、人のタイプを判別するフォーマットや、メンバー間の対話・相互理解を深めるためのツールなど多岐にわたったハウツーが詰め込まれていますので、このあたりの方法論を知らない人にはかなり参考になるんじゃないかな。

私もいろんな方法でチーム内コミュニケーションを試行錯誤してきたもんですが、まだまだ知らないやり方はたくさんあるもんですね。ぜひとも参考にしたいと思います。


あ、ただ過度な期待は禁物。ワークショップを頻繁にやってるようなら別ですが、普段の職場で「みんなで手をつないでワイワイ」とか、「ホワイトボード使ってゲームしたり」なんかやらねえもんなぁ。

そんな感じで半分くらいは読み飛ばしですが、総合的にはなかなか役に立ちそうです。

|

« アルファ型のイリーガルだ。 | トップページ | 涼宮ハルヒの分裂 »

書(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670280

この記事へのトラックバック一覧です: チーム・ビルディング:

« アルファ型のイリーガルだ。 | トップページ | 涼宮ハルヒの分裂 »