« 元ネタはエルバッキー。 | トップページ | むちゅう。 »

2007年10月16日 (火)

吉永さん家のガーゴイル (9)


吉永家の人々と、門番・ガーゴイルの織り成すハートフル・コメディ第9巻です。

吉永さん家のガーゴイル (9)/田口仙年堂 [ファミ通文庫]

このシリーズはクオリティが超安定しているので、安心買い!

戦争真っ最中の過去へのタイムスリップ、原因不明の完全停止をしてしまったガーゴイル、そして最強の敵の出現と、今回もバラエティに富んだ内容で満足! よくもまぁネタ尽きないもんだなぁと感心するスケールで、上下巻の構成になっています。


とくに新キャラの敵(なのか?)、これが強い強い!
御色町にはケルプ、オシリス、怪盗百色、デュラハンという鉄壁の錬金術防御網があるにもかかわらず、そのことごとくを退ける猛攻! 間違いなく過去最強と言える敵を前にして、下巻に向けて緊張感の高まる展開となっています。

やあ、これはすぐに10巻を買いに行かなくては...!

|

« 元ネタはエルバッキー。 | トップページ | むちゅう。 »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670285

この記事へのトラックバック一覧です: 吉永さん家のガーゴイル (9):

« 元ネタはエルバッキー。 | トップページ | むちゅう。 »