« 大塚・岩舟 | トップページ | 葉桜の季節に君を想うということ »

2007年9月 5日 (水)

Sea Changes/Tommy Flanagan


驚異的なくらい音のよいアルバムですよ!

Sea Changes/Tommy Flanagan [Jazz]

うっわこりゃすごいな!
ピアノはもちろん、ベースもドラムもいい演奏をしているなぁというのが素人耳でも理解できますが、とにかく1曲目からずっとドラムの音を追いかけちゃうんですよ! このドラムは癖になりそう......特に後半最高の盛り上がりを見せ "#8 Beat's Up" なんてもう限界っっ! いい音だなー。

そしてフラナガン御大もすばらしい仕事っぷり。
私、この人みたいに力強いピアノって大好き!これぞまさにピアノの弾丸! 1枚通して聴き終えた頃には、体中風穴だらけでフラフラになってしまうほどですよヽ(´ー`)ノ


ああっ、そう思ってたら今度はベースが耳から離れない......
「ピアノ・トリオってやっぱいいなぁ」を再認識できる1枚だと思いますよっっ。

|

« 大塚・岩舟 | トップページ | 葉桜の季節に君を想うということ »

音(Jazz/Bossa)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670213

この記事へのトラックバック一覧です: Sea Changes/Tommy Flanagan:

« 大塚・岩舟 | トップページ | 葉桜の季節に君を想うということ »