« Sea Changes/Tommy Flanagan | トップページ | 上石神井・INNOCENT »

2007年9月 6日 (木)

葉桜の季節に君を想うということ


ストーリーが語れない......なんとも罪作りな作風だなあ。

葉桜の季節に君を想うということ/歌野晶午 [文藝春秋]

おもしろかったですよ! ネットではけっこう辛口批評が多かったのですが、私は満足ですね。

叙述トリックってのは、鮮やかであればあるほど真相に至ったときの感動や驚愕が大きいものなのですが、その反面、物語性を損なわないようにするのが最大の難点だと思ってます。

その観点からすると、すごく残念なんだけど、本作は読み終わったあとに残るものがあんまりなかったです(;´Д`)


ただ本作は「叙述トリックであること」についてはズバ抜けてますよ!
トリックがわかった途端、いままでの伏線がパタパタと組みあがっていくリズム感の心地よさったらなかったですね。まさに瞬間芸ではありますが、この騙され方は悪くないです。

|

« Sea Changes/Tommy Flanagan | トップページ | 上石神井・INNOCENT »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670214

この記事へのトラックバック一覧です: 葉桜の季節に君を想うということ:

« Sea Changes/Tommy Flanagan | トップページ | 上石神井・INNOCENT »