« 大塚・スーリヤ | トップページ | 大塚・岩舟 »

2007年9月 3日 (月)

紅楼夢の殺人


次につながる、素敵な出会いだったよ。

紅楼夢の殺人/芦辺拓 [文藝春秋]

紅楼夢といえば、水滸伝とか三国志演義と並んで語られるほどの存在ながら、なんとなく今まで手を出しあぐねていたんですよ。

それがなんと「殺人」なんて冠がつくなんてね!
しかもこれがかなり面白い!

こういうのって原作を知らない分、どこまでが原作に忠実でどこからがオリジナルなのかよくわからず、評価のしようがないパターンって結構あると思うんですよ。 そういう点においてこの作品がよいところは、「原作にミステリ要素をプラスしてるよ!」というのを読者にアピールしつつも、ストーリーが希薄にならずに面白いという点でしょう!

これね、かなり真剣に推理したんだけど、惨敗でしたヽ(´ー`)ノ
主人公同様、最後のどんでん返しにやられちゃいましたねー。いやこれは面白かった。


それにしてもこの作品、舞台設定だけでもかなり面白いんですよ。ぜひとも原作を読んでその世界観を確認したいなぁと思います!

|

« 大塚・スーリヤ | トップページ | 大塚・岩舟 »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670211

この記事へのトラックバック一覧です: 紅楼夢の殺人:

« 大塚・スーリヤ | トップページ | 大塚・岩舟 »