« 天使の誘惑 | トップページ | 文花・Spice Cafe »

2007年9月28日 (金)

鹿男あをによし


鹿男あをによし/万城目学 [幻冬舎]

「夜は短し歩けよ乙女」の森見登美彦と並んで、「脱力系」などと呼ばれています。
ずいぶん面白いと評判だったのですが、なるほど確かに面白いわ。最近はこういうのが流行ってるんですねえ。

序盤、登場人物が出揃ってくるあたりで、なんか「坊ちゃん」みたいになってきたぞ!?と身構えていたのですが、あんま関係なかったみたいです(;´Д`) 文章はリズム感がよくて歯切れも良い、伏線をラストに向けてまとめていくのも上手くやってると思うので、おおむね満足でした。


しかしながら主人公以外の登場人物、なんか存在意義の薄いヒトが多い......もうちょっと各キャラに深みを出してくれればもっと楽しめたんですけどね。

|

« 天使の誘惑 | トップページ | 文花・Spice Cafe »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670252

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿男あをによし:

« 天使の誘惑 | トップページ | 文花・Spice Cafe »