« 神楽坂・あべや | トップページ | 文花・Spice Cafe »

2007年5月10日 (木)

若者の学力は本当に落ちているのか

「骨の折れる仕事」が「骨折する仕事」、低下する学生の国語力。[Narinari.com]


メディア教育開発センターが日本語基礎力を調査したところ、ある私立大学では「中学生レベル」と判定された学生が6割にものぼったのだ。この調査を実施した同センターの小野博教授によると、「学生の日本語力は外国人留学生と同等かそれ以下」だそうで、これは国民の大半が大学に進学するという「大学全入時代」になったことが一因となっているようなのだ。

というワケで、学生の学力が低下しているらしい、と言うのは最近よく耳にする話題だったりしますけど、そんな中ちょっと面白い出来事がありましたよ!


今日の帰宅中、電車の中で高校生の男の子たちが隣に座ったんですね。
そしてその会話。

A「あの電車、超混んでるの!ヤベェよ!」

B「乗車率120%って感じだよなー」

A「ヤベェよ!超ヤベェよ!」

B「もう混みすぎだよなー。顰蹙モノだよー。」


お、おおお......
その「顰蹙」の使い方は、正しい。

顰蹙とは、

ひんしゅく【顰蹙】(広辞苑) (不快に思って)顔をしかめること。まゆをひそめること。
ですよね。

そして意外と知られていないみたいなんですが、本来この言葉って「相手を非難する・軽蔑する」という意味はないんですよ。まぁ「顰蹙を買う」とかだとそういう意味になっちゃうのかもしれませんが。

それを判って使ってるのかは兎も角...この高校生なかなかやるなぁ。
そして私は呟いた。

「パーフェクトだ、ウォルター」

|

« 神楽坂・あべや | トップページ | 文花・Spice Cafe »

ニッキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670075

この記事へのトラックバック一覧です: 若者の学力は本当に落ちているのか:

« 神楽坂・あべや | トップページ | 文花・Spice Cafe »