« 姫路・四季 | トップページ | 名古屋・ミッソーニ »

2007年4月29日 (日)

夜は短し歩けよ乙女

28日(土)は岡山の友人宅に泊まって、本日は京都に向かいましたよ!
んで電車のなかで読んだもの。


夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦 [角川書店]

http://www.kadokawa.co.jp/sp/200611-07/ (Official Site)


あっはっは、これは面白いですね!
中村佑介氏のイラストが印象的だったので購入しようかどうか迷っていたのですが、運良く後輩殿が貸してくれたのでラッキーでした♪

私としては久しぶりに読んだ恋愛モノというか、それでもかなりヘンテコリンではあるのですが、ちょっぴり気恥ずかしくて、読後感が非常に爽やかな作品。黒髪の乙女と偏屈な先輩(私)、それぞれの視点から交互に物語が語られ、ひと癖もふた癖もあるキャラクター達が跋扈するフシギな世界が展開されます。

文体やいいまわしが非常に大仰なので、そのアクの強さに閉口しそうになりましたが、情景や物の表現は非常に丁寧に描かれていますよ。 読み進めていくごとに、ビジュアルがぶわーっと目の前に広がっていくんだよね。
そういう意味だと結構わたし好みの作者なのかしらん。<感染ってるwww

そんな私の気に入った一文。

もちろん、ラム以外のカクテルも興味深いので、私はそれらとも積極的に飲みつ飲まれつの契りを交わします。 ついでに言えば、カクテルだけにとどまらず、お酒というものとは積極的に触れ合っていきたいと常に念じています。
酒飲みとはかくあるべし、かヽ(´ー`)ノ

ちなみに読み終わったのが新幹線の中!
この作品の舞台は京都! 先斗町(ぽんとちょう)!

ならば行くしかあるまい!ヽ(`Д´)ノ俺によーし!おまえによーし!

と、いうワケで先斗町♪
この細い路地を、あれやこれやの酒飲みたちが練り歩いて行ったワケだヽ(´ー`)ノ今日はすっごく天気がよかったので、先斗町散歩には絶好のタイミングでした!

|

« 姫路・四季 | トップページ | 名古屋・ミッソーニ »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10670052

この記事へのトラックバック一覧です: 夜は短し歩けよ乙女:

« 姫路・四季 | トップページ | 名古屋・ミッソーニ »