« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

Sinn 256P オーバーホールより帰還


オーバーホールに出していたSinn 256Pが帰ってきたー!ヽ(´ー`)ノ

おおお...待ち遠しかったよ。この重さ、この質感、代わりに使っていたモンディーンも気に入ってはいるんですが、さすがにこの無骨さには及ばなかったかな。


それにしても今回のオーバーホール、ちょっと失敗でした。
どのお店に出せばいいとか、そういう勘所がわからなかったので行き当たりばったりで選んだのだけど、すごい高くついちゃったんだよね。

52,000円、ですよ?

(;´Д`)ウッソ──────────ン!!!!

そんな感じ。
これならちゃんとした正規取扱店なんかに持っていったほうが良かったかもしれませんね!いやそれ以前に複数の店舗に見積もりを出してもらうって手があったんだよなぁ......と今更ながら思いましたよ。


さて、せっかくコイツも帰ってきたし、新しいベルトなんかを調達してみようかね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ランチパック キナコモチ

ちょっと小腹が空いたときにありがたいのが、ヤマザキのランチパックシリーズなんですが、今日はちょっと珍しいものを見つけてしまいました。

ランチパック キナコモチ。

パッケージにおたべの絵があったので、「うん?」とか思いながら食べたんですが、なんと八ツ橋のお餅のトコが入ってるんですね!つうかアレって求肥(ぎゅうひ)って言うのか。

八ツ橋の味はしませんけど、なんかふしぎ!
私の隣に座ってる兄さん(関西人)が言うには、

「うわ、包んでるもんの中に包むもんが入っとる」

だってヽ(´ー`)ノナルホド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月30日 (金)

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法/アービンジャー インスティチュート [大和書房]

ストーリー展開しながら内容を伝えていくと言う、こういう書籍が実は苦手だったりしますけど、おかげで半分以上読み飛ばしてもなんとかなった(笑)

しかしながらコレ、一見簡単なようでいてなかなか深遠なテーマ。

自分の身に降りかかる人間関係のゴタゴタは、ひょっとして自分に原因がないか?
自分はうまくいってると思っていても、周りはキツい思いをしていないか?

そんなちょっとした気付きによって、人は「箱」を抜け出す事ができるのですが、そう簡単にいかないのも事実ですよね! 私自身、過去にいろんな「箱」から抜け出してきたのですが、気がついたら新しい「箱」を持ってたりとかしますからね!イタチごっこですわ!


みんなが進んで従いたいと思うのは、箱の外に出ているリーダーなんだ。(中略)リーダーとしての成功は、自分への裏切りからどれだけ自由でいられるかにかかっている。(中略)そうなって初めて、リーダーになれる。人々から信頼され、期待にこたえようという気を起こさせ、一緒に働きたいと思わせる。

これは経験あるな。
私は自分を客観視すると言う行為においてはかなりの自信があるのですが、それでも箱の中に入ってしまった時なんて、周りの人間だれも付いてきませんからね!(笑) こういう事は一度気付いたら一生大丈夫!ってなモノではないので、ある程度期間を置いて見直したりしないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月29日 (木)

胸チラは春の季語だと提案する。


ここで一句。

胸チラが 春の訪れ 気付かせる


●選評
情報化社会が進む現代、仕事に没頭して季節を感じる余裕を失ったビジネスマンが多いと聞く。外で遊びまくっていた昔は、桜が芽吹くのを見ることで春の訪れを感じたものだが、今となっては薄着になってきた女性の胸チラで季節を感じるようになってしまったのだなぁ、という作者の悲哀がにじみ出た一句。
「胸チラ」という春の季語を当てることにより、一見すると華やかな句に見えるのだが、その影では仕事に忙殺される現状を嘆く、狂おしい心情が表れた傑作である。

ああ、春の季語には「胸チラ」のほかにも「なまあし」とかあるんで、みなさんも精力的に応募してくださいね☆


ちなみに、せっかくなんでお〜いお茶新俳句大賞に応募しようと思ったら、とっくに締め切られていましたよ!ヽ(´ー`)ノキャッキャッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月28日 (水)

桃源郷/Lights、Camera. Action!/HALCALI

なんつーか、好きなんだよっっ!ヽ(`Д´)ノ


桃源郷 / Lights、Camera. Action!/HALCALI [HIPHOP]

http://www.halcali.com/ (Official Site)
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/ES/HALCALI/ESCL-2934/index.html (視聴できます)

HALCALIは、アルバム全体としては「う────────ん!?」と思ってますが、シングルカットされる曲は片っ端から好きです。大好きです。ヘヴィローテです。そんなHALCALIの今ン所最新シングルでしょうか。

両A面シングルって良くわからんけど、#1「桃源郷」は珍しくロック!ロック!ラップ!ロック!な感じでちょっと新鮮なロックチューンですね。結構好き。

でもそれよりなにより #2「Lights、Camera. Action!」がヤベエ! ストレートがんばります系ユルユル楽曲だ(笑) 私の好みド真ん中に突っ込んできましたね!
勝手な思いながら、私はむしろこういうのがHALCALIらしいなぁと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月27日 (火)

Fly To Brazil/Walter Strerath Trio

Fly To Brazil/Walter Strerath Trio [Jazz/Bossa Nova]

ヴァルター・シュトラート・トリオ/FLY TO BRAZIL | 澤野工房
澤野工房/CLUB SAWANO

  1. Fly To Brazil
  2. Con Alma
  3. Bossa Made In Germany
  4. Bara Bossa
  5. On 4 Gose It Loose Blues
  6. Softly As In A Morning Sunrise
  7. Autumn Leaves
  8. A Slow Fly
  9. Fly To Brazil (Alternate Take)
  10. A Slow Fly (Alternate Take)
  11. Bossa Made In Germany

澤野工房発、ヴァルター・シュトラート・トリオ。レコード屋で見つけたら、何が何でもその場で買っておくべきCDの一つだと思います。そんな私も2年くらい探してやっと見つけた逸品であり、嫌が上でも力が入りますねっ!

ジャズ・ボサと言っても、ジャズ側からボサノヴァへアプローチしている感じ、それもヨーロピアン・ジャズですね。


ドイツなのにボサ!?と感じる人も居るだろうけど、そんな事はお構いなしにグイグイ引き込んでくるよ! 一音一音が非常にハッキリしてて、ピアノも力強い演奏! 底抜けに明るく、時に切なさを感じる展開で飽きさせません。

あっという間に一枚を駆け抜ける、清々しい風を感じてください。


特に"#3 Bossa Made In Germany"はアルバム中一番好きな曲! 軽快なリムショットと屋台骨をしっかり支えるベース、流麗なメロディを叩きつけるピアノという3つの色が、素晴らしい集中力と超絶テンションを維持したまま駆け抜ける傑作です!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

ZERO3に入れてみたアプリさん達

さて再構築した初代W-ZERO3ですが、実はまだ試行錯誤していたりします(;´Д`) そんなグダグダ加減もいーところなんですけど、今回のアプリ構成行ってみましょう!


■SimpleMenu
http://www20.atwiki.jp/zero3_392/pages/14.html

今回の大本命にして、超軽快な階層型ランチャーです。
物凄くシンプルであるのは確かなんですが、アプリのパスを記述して一般的なランチャーとして使うもよし、KeyInputEmulatorと連動して定型文の貼り付けや選択文字列の置換を行うもよし、使い方しだいで劇的な操作性を得る事ができますね!


■Offisnail Date for WM5
http://www.offisnail.info/factory/date/index.html

いろいろ使ってみたものの、やっぱりどれも満足できないなぁと思ってたWindows Mobile用のPIMアプリですが、やっと面白いものにめぐり合えました!基本的にタップする必要もなく予定の入力が可能で、かつ直感的にわかりやすいインターフェース。


■QDz
http://www.nicque.com/PQz/

ZERO3[es]にはそんなに不満がなかったのですっかり忘れてましたが、初代ZERO3の連絡先アプリに物凄い不満があったんだよなー。そんな使い勝手の悪さを完全解消!見やすくなって大満足!な連絡先アプリがコレ! これくらいシンプルだとストレスなく使えて嬉しいです。


■03KeyLock
http://w-zero3.org/uploader/index.html

Today画面以外でのキーロック、及び画面ロックを行う事ができるアプリです。これからますます楽しみなアプリの一つですが、画面オフやサスペンドとの連動時に若干動きがおかしくなる現象が出ており、組み合わせをイロイロ試しているところです。


■ExecMulti
http://www.momo-lab.net/inu/execmulti.html

複数のアプリを同時起動できるソフト。前述のSimpleMenuと組み合わせることで、非常に強力なアプリ操作を可能にする事ができます。03KeyLockなどでキーロックした場合も、サスペンドなどと同時起動することで、省電化も可能になるので重宝しますね!


■W-ZERO3 Mail Filter
http://www.momo-lab.net/inu/wmf.html

ZERO3[es]のメーラーならともかく、初代ZERO3のメーラーは使いにくい!けどコレを入れるとその不便さも激烈に解消するので許す!みたいなアプリですよ!SendNowSandRなどの送受信ツールとあわせて使うことで、デフォルトのメーラーでもそれなりに使えるようになるから怖ろしい。


しかしまぁ、初期状態だとえらく使いにくいWindows Mobileですが、こうして有志によるアプリがどんどん開発されていく土壌って素晴らしいですね。 電話はできないけど性能的にさらに上回ってきたEM・ONEの登場で、これからますます加速していくスマートフォン市場、楽しみですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無頽


§(´Д`)§


瞳子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月25日 (日)

ZERO3再構築

ZERO3[es]がどうも調子悪くて、ハード的に故障したっぽい(;´Д`)
とりあえず午前中の間にウィルコムストアに持っていって、修理に出してきました!


や、ひょっとしたら代替機で9(nine)とかnico.とか出してくれないかなァ〜?ていうか出せ。 ぐらいの気持ちで行ったのですが、SIMで通信をするタイプの機種は貸し出していないんだって(;´Д`)


じゃあいらんわ!ヽ(`Д´)ノ
と言うことで、手持ちのZERO3の方を再構築しましたよん!

ハイ、出来上がり。


サブタイトル「偽iPhone」ヽ(´ー`)ノ


未だ試行錯誤中ですが、今まで使った事のないソフトを沢山導入しちゃいましたー。久しぶりにZERO3をいじり倒したけど、やっぱこの端末すげえ面白いですね! 明日にでも軽くまとめてみますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

東池袋・A・Raj

うひょ兄さんを誘ってメシ!メシ!メシ!
二日酔いでぐでんぐでんな状態ですが、各地で挙動不審な態度を振りまきながら来ましたよ東池袋!(;´Д`)


南インド料理 A・Raj (エー・ラージ)
東京都豊島区南池袋2-42-7 Tel 0339819688
地図

地下鉄の東池袋駅って、実は結構使っているにもかかわらずここの存在を知らなかった......
まさかこの殺風景な地域に極上の「南インド料理」が存在するなんて!

うっおおおおお!すげえ!
ランチで1000円でミールスが食べられるなんて!もう感動!

しかもスゲエ量多いの。
豆のサンバルカレー、ラッサムスープ、ダールカレー、炒め物とインディカ米のライス、パパードに揚げパン、バナナにヨーグルトにもう一品デザートが付いているという大盤振る舞いっぷり! このコストパフォーマンスの高さは半端じゃないですよ!

ラッサムスープやらサンバルカレーをライスにガシガシと混ぜて、口に含むとふおおぉ......これだよー、まさに南インド料理とかこんなんだよなぁーと深い感動に包まれます。
甘さ、辛さ、酸っぱさや塩辛さが渾然一体。素晴らしいミールスでした。


他にも、クレープ生地に色々詰め込んである「ドーサ」のセットや、一般的な「ナン+カレー」の北インド料理もあり、ランチながらバラエティに富んだお店でした。一回だけじゃ満足できないので、その内ドーサを食べに行こうと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

大塚・SABA

美味しいランチというのは、それだけで生きる活力になるもんですね。


SABA@大塚
東京都豊島区南大塚3-47-5 小田ビル2F Tel 0339825858
地図

ここはかなりお気に入りのインド・パキスタンレストランです。
北インド料理なのでそれほど複雑なスパイス配合ではありませんが、ゴロっとした固まりが入っているほど豪快にスパイスを使ってるのが好き(笑)
カレーはかなり美味いけど、ナンの出来はいまいちかな。

さて、そんな今日は金曜日限定、ビリヤーニが登場です!

くぅーっ!辛い!
ムチャ辛いけどサクサク胃の中に入っていくなァ!

ビリヤーニって要するにピラフみたいなもんですけど、ピラフよりは味付けが濃くて、インディカ米とチキン、大雑把な量のスパイス(笑)と一緒に炊き込んだものですよ!
現地だとピンキリではありますが、おそらく200円くらいで食えるんじゃないかな!


ぜひ、手で食べてみたいメニューだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月22日 (木)

長旅だった。

酔っぱらったときに山手線に乗ると、なぜか必ず品川駅まで行ってしまうむらさめですが、今日は一味違いますよ!!!

とりあえず新橋で降りました。<かなりギリギリやん


で。

気がついたら埼玉の知らない土地にいました。

(;´Д`)

ここ


どこ!?(;´Д`)

やっと家に帰ったら11時過ぎてました......うーん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月21日 (水)

Spice Cafeのアイリッシュライブ

3月21日(水)春分の日・アイリッシュライブ in Spice Cafe です!

ここに通いだしてから2年になるけども、店内でライブを見るというのは初めて。
あの狭い店内で大丈夫なのか!?楽器入るのか??というか席から見えるのか!?という疑問で一杯でしたが、

やっぱり席からは見えませんでした(苦笑


さて前菜♪
豚のリエットに、鴨のロース、ゴルゴンゾーラの蜂蜜がけ、と私の大好きなメニューが一気に皿に並ぶのはウキウキしちゃいますね。フィットネスで運動してきたばっかりで、お腹が空いてたので一気に頂いちゃいました。美味。

そしてメインのカレーは、しばらく食べていなかったラムカレー・大盛でいくぜ!

一騎当千。
この辛さとスパイシーさ、コクのある風味が渾然一体となったカレーは、毎回私に元気を与えてくれる重要な存在!疲れも一気に吹っ飛んじゃいますねっていうか、今なら突然熊が襲ってきても余裕で平手打ちとかできそうな気がしますよ!!
まぁその後逃げますが。


さてお楽しみのアイリッシュライブ、その言葉から連想するとおり非常にダンサンブルな楽曲を中心に演奏されていました。

時には低音で勇壮なメロディを奏で、時には哀愁を含んだリズムを刻む「チェロ」、高音で陽気なメロディを奏で、他の楽器を立てたり前面に出たりする「フィドル」、この関係ってどこか男性と女性を象徴しているような気がしますね。

室内の音響効果もよく、なかなか楽しめました。
というか、ビールが回って来てちょっと眠かったけど(;´Д`)


これ聴くとだなぁ、余計にボサノヴァのライブが見たくなるなぁ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月20日 (火)

スーツの穴

ムッハー!

スーツのスラックスが破れました。
しかも股ぐらですよ!?<股ぐらって言うな

もう どんだけはちきれてんねん。今月に入って2着ダメになりましたよ!ていうか別段激しい運動なんかもやった覚えがないのに、なんで太ももの付け根の部分が破れるわけですか。太ったか。太りましたか。でも余裕あるしなぁ。なんか擦り切れてるような感じなので、ぐいぐい押さえつけるようなことでもやったのかしら。どんだけ膨張しておるのかと。どんだけお前の股間のエンペラーは元気なのかと。もうあたいこんなにはちきれそうなのよと。

あれ、途中からおかしくなってきた。

これ職場のトイレで気づいたので、帰りはもうドキドキものですよ! 私は普段、けっこう歩幅を開いてあるいているクチなので、今日はおとなしく、まるでドレスを着た婦人が優雅な舞踏会で踊るように歩いていたワケですが、逆に心の中は人間界から攫ってきた生贄をよってたかってデストロイしているような地獄の晩餐会そのものですよ!!!


アタマに来たので酒買ってきたー!ヽ(´ー`)ノ

今日は安上がりで行くぜ!

右:パンペロ・アニヴェルサリオ(PAMPERO ANIVERSARIO RUM)
皮袋に入っているのがなかなか可愛いラムです。
ラムといえば昔は大の苦手だったのですが、最近はかなりイケるようになりました。結構甘くて複雑な味がするんですけど、鼻から抜けていく感じとか、後味がまるでバーボンですね。解説を読んで納得したのですが、バーボンを熟成させたオーク樽を使って熟成させたからこういう味になっているわけですね!

2000円台で買えるので、かなりお得。


左:ウーゾ(OUZO)
ギリシャの香草系リキュールです。
アニスの香りたっぷりで、水で割ると白濁するのが特徴です。これね、結構クセが強いから好き嫌いの激しいお酒だと言えますけど、ウーゾに含まれる「マスティックガム」という成分が胃痛に効きますので、ストレスを溜めやすい人にオススメです。

あとカレーに合う酒としてもGoodだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月19日 (月)

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング/本田直之 [東洋経済新報社]

本を読めば読むほど、時間が生まれます。本を読まないから、時間がないのです。(中略) 本を読めば、そこに近道を行く方法が書いてあるというのに、本を開く時間を惜しんで、わざわざ遠回りしてしまう。
殺し文句だなぁ(笑) 思わず「アンタマジ良い事言うな!」とヒザを叩いてしまいましたよ。「本を読まないから時間がない」はいい言葉だ。たぶん最高にいい言葉だ。いい言葉は決してなくならない。


さてまじめに。

ただの読書本と侮る無かれ。
書物を継続して大量に購入し、効率よくビジネス力を向上させるということに一点集中した、極めて実用性の高い一冊。他人の人生経験や英知がわずか1000円強で購入できる事を利用し、その投資効果を最大限まで引き上げる。そんなテクニックが紹介されていますよ!

ちなみに私、著者が紹介しているように「気になったところはマーキングして、読み終わったらメモとして纏める」事を実践している口ですが、まだまだ甘いと感じさせられました。もっと、もっともっと投資効果を上げるためにできる事が沢山あるんだなあ。

いやぁこりゃ勉強になるわ。
本書を読んでて色々考えさせられました。


私は「ダメだなー」と思った本はさっさと捨ててしまうんですが、最近ヒット率が低いなーと感じていたんですね。

でも、実は読む前に「こういう事をこの本から抽出する!」と目標を立てて読めば、もしかしたら一つくらいは感動する言い回しに出会えたのかもしれません。どうもヒット率の低さってこの辺に原因がありそう。がむばれ俺(;´Д`)


改善、実践、研磨。
これからの読書のあり方が劇的に変わるであろう、大推薦の一冊です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

ネコソギラジカル (中) (下)

「────殺して解して並べて揃えて晒してやんよ」

ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS橙なる種/西尾維新 [講談社]

うおーい!
赤き征裁≪オーバーキルドレッド≫ VS 橙なる種≪だいだいなるしゅ≫とかサブタイ打っときながら、ソッコーでやられてねえか人類最強ぉー!?

いささか展開に不満の残る中巻ですが、それでも後半の流れは秀逸!
なんか、こう、中だるみを防ぐために投入されてるキャラとかいるなぁーとか思わなくもないけど、後半の畳み掛けるような展開には、否応なくカタルシスを感じる事ができるでしょう!

そして最後に明かされる衝撃の事実が最終巻への期待を煽ります!
ああちくしょう、最後まで付き合うぜ!


ネコソギラジカル (下) 青色サヴァンと戯言遣い/西尾維新 [講談社]

最終巻!
うおう、『クビキリサイクル』からこっち、相当な数張り巡らした伏線が、かなり回収されないまま終わってしまいましたよ(;´Д`) このストーリーならばハッピーエンドもバッドエンドもどっちでも構わないよなぁ...と思っていたのですが、意外も意外、メチャクチャフツーのハッピーエンドになってました。

今回はそれほどカタルシスを感じる展開はありませんでしたが、今まで読み続けてきた身としてはこの大円団、なかなかに嬉しかったりもします。


世界の終わりは見れなかったけど、物語は破綻しなかった。
この一点において、西尾維新という作家を評価できると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月17日 (土)

東大前・呑喜

人生と言うものは、叡智を得ることができる書物、ピリッときいたスパイス、心を豊かにする音楽と、おでんがあればそれでよい。


そんなに好きか、おでん。


呑喜@東大前
東京都文京区向丘1-20-6 Tel 0338114736
地図

ちょっと前はここにすげえハマってて、毎週土曜日はかならず来てました!
久しぶりに学生時代の友達と会うので、直接お店に集合〜ヽ(´ー`)ノ

う、う、UMEEEEEEEEEEE!!!!ヽ(゚Д゚;)ノウメェ
やっぱここ最高だわ、なんか明確に他の店とここが違う!と表現できないのがもどかしいのですが、どのネタを食べても非常に満足度が高いのですよ!

いささかルール外の食べ方とは思うけど、おでんを食べながら茶飯をガツガツ食べ、熱燗でプハーッ!とやるのが私たちの常だったりします。 なんかね、おでん屋さんで飲む酒ってのは、それがビールでも熱燗でもすっごく美味いのね!

茶飯。
これ最強。

ほんとはシメでこれを食べるのが良いのですが、うまいんだもん。しょうがないじゃん(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文花・Spice Cafe

まぁもともとカレーは好きではあったんですが、どちらかというとハンバーガーやラーメンのような、ジャンクフードとしての位置づけとして考えていたんですよ。そこに「美味い」とか「不味い」とかいう概念ってあまりなくって、とにかくお手軽。

そんな私が東京に来てビックリしたのが、カレーがとにかく美味い、と言うこと。レトルトレベルの味しか知らなかった私にとって、それは革命だったのですね!

スパイスの調合や煮込みのバランス、下ごしらえが変わればここまで芸術的な味に変わるものなのか!!と。しかも他のジャンクフードと明確に線引きすべきところは、100%「体に良い」ということです!


そして私はカレージャンキーとなったのであったヽ(´ー`)ノ


Spice Cafe
東京都墨田区文花1-6-10 Tel 0336134020
地図

HEY! HEY! HEEEEEEEY!!! 土曜はカレーの日!ですよ!
ンなワケで今日はタジンカレー!


究極絶無。

すごいすごいすごい、やっぱこれはマジで凄い。 甘みと辛味と酸味が絶妙なハーモニーを奏でるこのカレー、雑味すら味付けの一つにしてしまうこの包容力はなんともいえない食の極地だと言えるでしょう! 人間と仲良く共存していたのに捨てられ保健所に送られた犬なんかが、悲しみながらも「それでも人間を恨まずに明るく生きなきゃね」なんて涙を流しながらも仲間たちと誓い合うシーンを想像したかのように涙が止まりません。嘘。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

大塚・うな鐵

うなうなーヽ(´ー`)ノ
お気に入りのうなぎ屋さんでランチしてきました。


うな鐵@大塚
豊島区北大塚2-12-2 Tel 0339185700
地図

帰りにうなぎの串などをつまみながら一杯、って感じに利用しています。お安い上に店員さんも気さくなので、すばやく食事を済ませたいときも、のんびりやりたい時も候補に挙がる店です。

うん、ランチでウナギってのもオツなもんですなあ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

ネコソギラジカル (上)

最終章!

ネコソギラジカル (上) 十三階段/西尾維新 [講談社]

「戯言シリーズ」最後のストーリーは、全3巻構成になってます。
これまでの総集編、そして終わりに向けての準備編と言った感じで、誰も死ななければ激しい浮き沈みもなし。この作者にしてはえらい淡々と書いているため、ちょっと物足りないと言う人もいるでしょうね!


ミステリ要素は完全になくなったように思えますが、私の見立てだと、タダ一つ「入れ替わりトリック」が使われているような気がするなあ。まぁこの辺は中巻か下巻で明らかになっていくんでしょう! ちょっと楽しみー。


そして今回のベスト台詞!
闇口崩子(やみぐち ほうこ)13歳のクールな一言。

「今日のためのおはようと明日のためのおやすみを言いたくて。闇口崩子、これで通算七度目の、戯言遣いのお兄ちゃんのお見舞いにやって参りました」
死ぬ

いいなぁ、こういうセリフをサラッと女の子に喋らせる西尾維新は素晴らしい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

疲れてるなヽ(´ー`)ノ


電車に乗ってるときのアナウンス。

「まもなくー、○○です」

「俺んちー、左側ですー」


え?


あーびっくりした、「お出口左側です」だったんですね!
つい真顔で「俺んち、ってお前はバス遠足に言った小学生か」とツッコミを入れてしまいました。そんな我々の身近に潜むボキャブラ天国ヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

デスクトップを有意義に使う一つのあり方

Hack or Die!!ヽ(`Д´)ノ

超シンプル!
そんな私のデスクトップですが、実はコレ、ある一定のルールに基づいて使用されているんですよ!


  • 毎日使用するバックアップ用のバッチファイル、ゴミ箱以外何も置かない!
  • その日に読む or 作成しなきゃならないファイルを置く。
  • メールの添付ファイルも読むまではデスクトップ。
  • 作業が片付いたら、そのファイルはデスクトップから移動する!
  • その日のスケジュールと調子を見ながら、デスクトップにファイルを配置する。
  • 作業が片付いたらガンガン移動する!

この繰り返し。
つまり、私にとってデスクトップというのは「その日の作業を溜め込むワークエリア」なんですね! おかげで作業が滞っている日は、デスクトップにファイルがワンサカあったりするんですけど、これを片っ端から片付けていくのも一興だよね。


特にフォルダなんかをズバッ!と消していくのはかなり快感。
デスクトップにファイルをためがちな人は、是非これを試してみてね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月13日 (火)

ギター和尚


こういうね、ギター和尚とか、アフロ住職とか、和と洋が生み出すケミストリーってな感じですね! 言葉の響きがもぉ大好きです!

ウチの実家は浄土真宗だが、この説法はこれはこれで面白いと思うよ。
ギターが出てくる辺りから何かが狂い出してくるwww


ギター和尚|曹洞宗大悲山 向陽寺|ギターと笑いのお元気説法
ギター和尚|曹洞宗大悲山向陽寺 ポッドキャスト
ギター和尚がカッコ良すぎる件について [キタミテレビ]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うろおぼえもん


ウロ覚えでドラeもんを描いてみたヽ(´ー`)ノ


うお!
なんかフツーにイケてるかも(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

Set The Tone/Nate James

Set The Tone/Nate James [Soul]

これはキた!久しぶりにキた!
英国出身のソウル・ミュージシャンの、2ndのリリースがもうすぐなんですけど、1stです!

とんでもなくファンキー、素晴らしくソウルフル。
ココしばらくは音楽でヘッドバッキングする事はあっても(笑)ノリノリでリズムを取るような事がなかった私ですが、久しぶりに体が動いてしまう音楽にめぐり合えた!という感じですね。素晴らしい才能だと思います。


シングルカットされた #02 "The Message"、#04 "Universal" の素晴らしさはモチロンのこと、他の曲もまったくの捨て曲なし。「一人ジャミロクワイ」なんて言われる彼ですが、そんな十把一絡げな枠で彼を縛る行為なんてのは、自らの音楽の幅を狭める意味しかないと、私は思いますね。
このカリスマ性あふれるアフロには要注意です。

Favorite Tune : The Message

----

LIVE FOR THE GROOVE E.P./PE'Z x NATE JAMES [Soul]

Nate Jamesとの出会いは、まさにこのアルバムが全てだった。
日本でも著名なPe'zと、Nate Jamesによるコラボレーションがこのアルバムです。 全3曲ながらお互いの個性を極限まで突き詰めた楽曲を聴くたびに、毎度素晴らしい才能に気づかされるわが身であります。

Pe'zのアルバムとして評価しても非常に素晴らしいし、ネイトのアルバムとしてみた場合も、実はこちらの"Universal"の方が好きだったりするので、割と重要な位置づけにある一枚だと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

赤耳を購入した!

赤だけに性能が良いらしいよ?

ウィルコムの通信モジュール、通称「赤耳」ことRX420ALに機種変更!


え?


いや、なんとなく。


自宅もメインの職場も山手線の外な私ですので、実際のところコイツの恩恵に浸れるのはまだまだ先かなーって所でしょうね。それでも、ちょっとでも速度があがるなら、それが安く実現できるなら、縋ってみたいオトコゴコロ。 ていうか赤いし(笑)


あとはね、ブラウザかな。
W-ZERO3用にリリースされているOperaは、描画こそ悪くないものの、起動速度が鬼遅いのが気に食わないんですよ! これだけでIEに戻してやろうかと思うくらいなので、NetFront Browserなどの有料ブラウザも試してみようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

ゼロの使い魔 (10)

ゼロの使い魔 (10) イーヴァルディの勇者/ヤマグチノボル [メディアファクトリー]

うまい。
実のところ、本シリーズのストーリーとしておいしいポイントは過ぎたかなーとか、風呂敷を広げすぎたからこれからグダグダなのかなー、と思ってなかなか手が出なかったんだけど、そんな心配はまったく不要!な最新刊でした。

本当はブルブル震えていたい状況にも関わらず、勇気を奮い起こして戦うサイト。貴族としての心のあり方を獲得し、凛と振舞うルイズの心意気。それらを中心とする人物の内面描写が秀逸でした。


だが一番笑ったのは巻末の作者あとがき。

主人公は登場人物のすべての女の子と恋をせねばならない、とは二十一世紀の作家、ヤマグチノボルの弁ですので、ぼくはこれを踏襲したいと思います。というか登場人物、押しなべてヒロインズは、ぼくの欲求の代弁者でありますので、つまりは恋をしながら書いていますので、そうならざるを得ない。 キモい?バカいうな!常識です。
ワラタ ホント、アホやなぁこの人。<ホメ言葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大人のプレゼン術

噂に違わず、素晴らしい内容でした。

大人のプレゼン術 自分と相手がワクワクドキドキする10か条/佐々木直彦 [PHP研究所]

こうしたい!という思いがあってプレゼンに望もうとしたんだけど、上司との意見の相違や他部署との調整の結果、あまり満足な形でのプレゼンができなかった事があります。また、型にはまったプレゼンを心がけるあまり、緊張して失敗したプレゼンもありました。

そんな中、プレゼン上手な人が勧めていたのが本書。


いやはや、脱帽です。
本書で語っている「プレゼン」とは、所謂ビジネスシーンを想定したプレゼンのことを指しています。しかしながら最後まで読んでみると、実は私たちの生活シーン、あるいは普段の仕事など、あらゆる局面で参考になる考え方の宝庫でした!

テクニックに偏重せず、経験と実感に基づいて語られているため、非常に説得力が高い内容。
著者の人柄が良く現れていて高感度高いですね。


特に私のように、プレゼンで苦い経験をした人にはオススメの一冊!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二日酔いにこそカレーよ!


今日もやはりSpice Cafeに行ってきたのですが、予想以上に混んでて20分ほど待ってしまいました(;´Д`) んー、遅くなるときは電話で確認しておいた方がいいかもしれんね。


そしてやはりあの人と遭遇したりもしたんですがね!
いかんせん、二日酔いで、テンションが、低くてすんません!(笑)


でもお店の人、今まで一人で来てるわたしの姿しか知らないから、こんなに喋る奴だったのか!!と驚いているに違いないヽ(´ー`)ノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 9日 (金)

高田馬場・網代

めくるめく美酒と美食の空間へ!


食彩処 網代
新宿区高田馬場1-31-8 ダイカンプラザ1F Tel 0332082202
地図

部下のプロジェクトの打ち上げでした!
ココ最近は私の出現率が高いこともあって、特典満載でした(笑)


すんませんー遅くなりましたー!(;´Д`)

部下「あ、やっときた!もう終わりですよ?」

マスター「おや、なんだあと一人って○○サンだったんですかー。なら30分延長していいですよ!」


おおおお!ヽ(´ー`)ノ


マスター「腹減ってるでしょ!食事サービスしますよ!一杯だけなら飲み放題じゃない焼酎もおまけします!」


おおおおおおおおお!(゚Д゚)

出てきた

でけえ!!
しかも2品もタダでサービスしてもらっちゃった(笑)

それにしてもこの唐揚げ、珍しくコーンフレークが大量にかかっているんですが、これのお陰でとんでもなく美味しくなってます。
なるほどなるほど、こうすることで唐揚げにサクサクの食感をプラスして、香ばしさも増すわけですねー。カロリーめちゃ高そうだけど(笑)


上司「なんですか○○さん、メッチャVIP待遇じゃないですか!?」

んー、つまりこれ「今後もいっぱいお金落としに来てくださいね」ってサインか(笑)
マジ美味かったです!ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 8日 (木)

翠星石の破壊力はハンパねえ

おい、書店に走れ!


「翠星石が、ののしりまくってくれる超素敵CD付き、ローゼンメイデン原画集Kunstwerkが発売予定!!
http://www.ichijinsha.co.jp/rozenmaiden/ (Official Site)

Goooood!!!!!!
サンプルのピクチャーレーベルだけで購入意欲がそそりますが、公式サイトでのボイスサンプルを聴いて悶絶しましたヽ(´ー`)ノ
かなりの確立で買います(笑)

ウチの職場のアホ上司の、まったくもって信用ならない言い回しを使うと、「購入の確度が高いです」かなヽ(´ー`)ノ


二度とお天道様を拝めなくしてやるですぅ!この根性なしが!やれ!やれすぐにやれですぅ! NOOOOW! ......しゃーねーなーですぅ!さっさと口を開けるですぅ!

死ぬ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ムラサメ・ザ・リッパー

リップクリームを新調しましたよ?

Savexリップクリーム スティックタイプ

マツモトキヨシ等、薬局で売ってます。
これはですね、別に唇がふっくらぷるるん♪となるわけではないのですが、異常なほど保湿力があるのと、持ちがよいというのが利点ですね。東京に来た頃に付き合ってた彼女に紹介されて以来、5年以上使い続けていますよー!


女性陣にヒアリングしたんですが、

「男の人がリップを塗る仕草ってセクシーよねー」
らしいですよ!

アハハハ、勃起してきた(おい
これを気に、ぜひ皆さんもリップを塗る人、いやリッパーになってみては如何でしょうか!!リップ・リッパー・リッペストっていうかジャック・ザ・リッパーて感じ? <それは切り裂き魔

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

勢力拡大中

昨日は飲んでたんですが、今日は打ち合わせが終わったのが深夜の0時過ぎだったりして、相変わらず悪夢のようなタクシースパイラルだったりします!ヽ(`Д´)ノ

しかしながら、そんな中でも徐々に自分の発言力が増していくのが体感出来ているので、多少は救われるかなあという所ですか!

話は変わりますが、コレが欲しいです。

オタクとデザイン

ざっとプレビューを見る限りでは、なかなか面白そう!
暇があれば買いに行きたいけど、なんか無理ぽいので通販かしら(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

おとぎ奉り (9)

待ちに待ちました新刊!

おとぎ奉り (9)/井上淳哉 [ワニブックス]

http://www5.airnet.ne.jp/jokerjun/otogi.htm (作者のページ)


月刊コミックガムで連載中のバトルアクションホラー!
現在の連載作品では、先日紹介した「はやて×ブレード」同様、最も注目しているマンガです。そんな今回は我らが小学生神器使い、いろり様の麗しい表紙が目印ですよ!

「丙の章」での死力を尽くした限界バトルに引き続き、休むまもなく「丁の章」に突入です! 全10体の眷族もついに最後の1体となり、よりダイナミズムを増す展開にいやが上でも期待が高まります!

それでは最後の眷属に行ってみましょう!



飛奴羅(ひどら)様


ちょっ(笑)
怪獣やン!!!(;´Д`)勝てねえよこんなん!
自衛隊の方々もパクパク食べられてるゥ────!!!


さぁー、今回も素晴らしく面白かったですよ。こんなのとどう戦っていくのか、はやくも次巻が楽しみです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムリープを使ったらしい。

目が覚めたら15時だった。

は......ハァ!? アンタどんだけ寝たら気が済むってのよ! 15時って言ったら掃除に洗濯、風呂トイレの掃除から靴磨きにオナホールの掃除まで一通りできちゃう時間じゃないのよキィィ────!! そんなの許さなくってよ祐巳!!

どうも疲れているみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

文花・Spice Cafe

久しぶりのスパイスカフェ再開!
去年の南インドに続いて、今年はモロッコに行ってたらしいですね。新作カレーが楽しみです!

ちなみに偶然店内で遭遇したのは、高松のカレー野郎・ひで氏。いやぁ「多分遭遇するやろなぁ」と薄々思っていただけに、ちょっと笑ってしまった。このカレー狂いめ(笑)


Spice Cafe
東京都墨田区文花1-6-10 Tel 0336134020
地図

そしてこれが今回の目玉、タジンカレーです!
ラム肉がゴロゴロっと入ってて、他にもニンジンやナスやレモン(!)などの野菜がスパイスによって煮込まれている、かなり珍しいというか見たことのないカレー。

っていうか凄い凄い凄い、こんな甘かったり酸味が効いていたり、ともすればスパイス風味が強かったりと複雑なカレーなんて初めてですよ!

すげえ美味い。

スパイスカフェにして初の1000円越えランチですが、この味なら納得。
と、いうかコレ食ったら他の店のカレーはどー考えても高すぎるんじゃないだろうか???という思いにすらなる、素晴らしいカレーでした! 無論それにとどまらず、デザートの「苺のムース」だったり、毎回絶賛しているコーヒーなど、久々の芸術空間を満喫してきました!!


あ、やばい、明日も行くかもwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

2月に聴いた音楽ランキング


3月になりました!
ところでmixiでは、iTunesやWinampで聴いている曲をmixiのサイトに反映できるという機能があるのですが、毎月頭になると前月のランキングを表示してくれるのが嬉しいです。


それでは2月のランキング!アーティスト別です。


  1. The Executioner Undead - Sahg

    I/SAHG [Doom Metal]

    http://www.sahgweb.com/ (Official Site)
    MySpace.com : Sahg

    ノルウェーのブラックメタル界を代表するGorgoroth、Manngard、Audrey Horneのメンバーによるドゥーム・ロック。 一言で言えば「初期ブラック・サバス」を彷彿させる内容ではありますが、圧倒的なテクニックと作曲センス、浮遊感を持ちながらも朗々と歌い上げる強力ヴォーカルにより、その評価にとどまらない超強力盤となっています。

    サバス系に特有のトリップ感、グルーヴ感はモチロンのこと、哀愁たっぷりの音像は北欧バンドならではといった感じです。なによりデビュー作でありながら「このジャンルは俺達が作ったんだ」と言わんばかりの自信と存在感が垣間見えるのが凄い。
    かなり気に入っています。


  2. All That Remains - Malevolent Creation

    The Will to Kill/MALEVOLENT CREATION [Death Matal]

    http://www.malevolent-creation.com/ (Official Site)
    MySpace.com : Malevolent Creation

    フロリダ産ブルータル・デス、マルヴォレント・クリエイションの8th。
    何だこれスゲエカッコイイ!てな感じでしばらくヘヴィローテしてました。スラッシュからの影響を感じるオールドタイプのスタイルなのですが、非っ常にレベル高いですね!さすがはベテランの貫禄というものです。

    猛烈なブラストにツーバスドコドコ、開放弦でガツガツ弾いたりと爽快感たっぷり。最近でいうとVaderとかが近いかなァ。


  3. Nao Vou Para Casa - Joao Gilberto

    Joao Voz E Violao/JOAO GILBERTO [Bossa Nova]

    http://www2.uol.com.br/joaogilberto/ (Official Site)

    ボサ・ノヴァという音楽は、アントニオ・カルロス・ジョビンが曲を作り、ヴィニシウス・ジ・モライスが詩を付け、ジョアン・ジルベルトが独特の奏法でギターを弾き歌うことで完成された音楽だ。最近、ボサといえば「カフェで流れているような癒し系音楽」を想像する人の方が多いと思うけど、やはり本物は格が違う!そんな感想を抱かずにはいられない傑作盤がこれ。

    「声とギター」というタイトルどおり、ジョアンの声とギターだけというシンプル構成ながら、何故こんなに感動的なんだろう。悲しく、優しく、丁寧。 年老いてなお、「ボサノヴァにジョアン・ジルベルトあり」という貫禄を十二分に感じさせる作品です。


ん、先月はわりと激しい系が多かったですね。
多分、1月がポップ系やジャズ系ばっかりだったので、微妙に反動が出たものと思われますヽ(´ー`)ノ


今月どういう音楽がローテーションされるかはそのときの気分しだいなので、来月のランキングを楽しみにするとしましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

おやすみなさい!


フオオオオオオオオ!


と言っても変態仮面ではありません。


やっと帰ってきたよー!(;´Д`)この「木曜日は毎週強制で遅くなるサイクル」はなんとかしないといかんのだが......

もう3時じゃないですか。
寝ますよ。爆睡ですよ。
ネタはたくさんあるんですが、明日も早いので今日はおやすみなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »