« おやすみなさい! | トップページ | 文花・Spice Cafe »

2007年3月 2日 (金)

2月に聴いた音楽ランキング


3月になりました!
ところでmixiでは、iTunesやWinampで聴いている曲をmixiのサイトに反映できるという機能があるのですが、毎月頭になると前月のランキングを表示してくれるのが嬉しいです。


それでは2月のランキング!アーティスト別です。


  1. The Executioner Undead - Sahg

    I/SAHG [Doom Metal]

    http://www.sahgweb.com/ (Official Site)
    MySpace.com : Sahg

    ノルウェーのブラックメタル界を代表するGorgoroth、Manngard、Audrey Horneのメンバーによるドゥーム・ロック。 一言で言えば「初期ブラック・サバス」を彷彿させる内容ではありますが、圧倒的なテクニックと作曲センス、浮遊感を持ちながらも朗々と歌い上げる強力ヴォーカルにより、その評価にとどまらない超強力盤となっています。

    サバス系に特有のトリップ感、グルーヴ感はモチロンのこと、哀愁たっぷりの音像は北欧バンドならではといった感じです。なによりデビュー作でありながら「このジャンルは俺達が作ったんだ」と言わんばかりの自信と存在感が垣間見えるのが凄い。
    かなり気に入っています。


  2. All That Remains - Malevolent Creation

    The Will to Kill/MALEVOLENT CREATION [Death Matal]

    http://www.malevolent-creation.com/ (Official Site)
    MySpace.com : Malevolent Creation

    フロリダ産ブルータル・デス、マルヴォレント・クリエイションの8th。
    何だこれスゲエカッコイイ!てな感じでしばらくヘヴィローテしてました。スラッシュからの影響を感じるオールドタイプのスタイルなのですが、非っ常にレベル高いですね!さすがはベテランの貫禄というものです。

    猛烈なブラストにツーバスドコドコ、開放弦でガツガツ弾いたりと爽快感たっぷり。最近でいうとVaderとかが近いかなァ。


  3. Nao Vou Para Casa - Joao Gilberto

    Joao Voz E Violao/JOAO GILBERTO [Bossa Nova]

    http://www2.uol.com.br/joaogilberto/ (Official Site)

    ボサ・ノヴァという音楽は、アントニオ・カルロス・ジョビンが曲を作り、ヴィニシウス・ジ・モライスが詩を付け、ジョアン・ジルベルトが独特の奏法でギターを弾き歌うことで完成された音楽だ。最近、ボサといえば「カフェで流れているような癒し系音楽」を想像する人の方が多いと思うけど、やはり本物は格が違う!そんな感想を抱かずにはいられない傑作盤がこれ。

    「声とギター」というタイトルどおり、ジョアンの声とギターだけというシンプル構成ながら、何故こんなに感動的なんだろう。悲しく、優しく、丁寧。 年老いてなお、「ボサノヴァにジョアン・ジルベルトあり」という貫禄を十二分に感じさせる作品です。


ん、先月はわりと激しい系が多かったですね。
多分、1月がポップ系やジャズ系ばっかりだったので、微妙に反動が出たものと思われますヽ(´ー`)ノ


今月どういう音楽がローテーションされるかはそのときの気分しだいなので、来月のランキングを楽しみにするとしましょう!

|

« おやすみなさい! | トップページ | 文花・Spice Cafe »

音(Jazz/Bossa)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669977

この記事へのトラックバック一覧です: 2月に聴いた音楽ランキング:

« おやすみなさい! | トップページ | 文花・Spice Cafe »