« The Open Door/EVANESCENCE | トップページ | ZERO3にRSSを取り込むの巻 »

2007年1月22日 (月)

風に吹かれて豆腐屋ジョニー

風に吹かれて豆腐屋ジョニー―実録男前豆腐店ストーリー/伊藤信吾 [講談社]

その強烈なネーミングと名前に負けない味を提示することで、あっという間に業界を塗り替えた「男前豆腐店」、その歴史とものづくり論を披露した自伝?のようなものです。

いやー、私が初めて「男前豆腐」を買ったのって2004年の11月ですよ!
ジョニーが発売したのが7月なので、既にハワイ産から沖縄産のにがりに変わってたしなぁ。ちょうど話題になりかけた頃に出会ったんですねー。


さて、そんな豆腐界の革命児・男前豆腐店の姿勢は、本書を読めばひしひしと伝わってきますよ!
とにかく差別化、差別化! いかにニッチであろうとも、熱狂的なムーブメントを作ってやる!という気概にあふれていて、学ぶべきところが多いですね。


  • 常に変化し続けるしか、生き残る道はない
  • どうやれば差別化できるかと発想する。スキマを狙ってやろうと。
  • 値下げ競争に巻き込まれたら、豆腐に「魂」を入れることなんてできませんから。

ぐっ、ときますね!

ビジネス書籍とかそうなんですけど、理論や技術をプッシュしてくる成功本よりは、伊藤さんのように「暑苦しい」ほどの情熱をブツけてもらえるのは嬉しいですね。 どうすれば自分の作り上げる世界観に共感してもらえるか、どうすれば強力なストーリーが描けるか......

新たなマーケティングを狙うなら必読の書です!

|

« The Open Door/EVANESCENCE | トップページ | ZERO3にRSSを取り込むの巻 »

書(その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669921

この記事へのトラックバック一覧です: 風に吹かれて豆腐屋ジョニー:

« The Open Door/EVANESCENCE | トップページ | ZERO3にRSSを取り込むの巻 »