« 殺し屋さん (1) (2) | トップページ | The Open Door/EVANESCENCE »

2007年1月21日 (日)

陰摩羅鬼の瑕

やっと、やっと、やっと読み終えた!!! その驚きのページ数、なんと1200オーバー! なに考えてンすかアンタ─────!と怒りそうになる量ですヨ!


文庫版 陰摩羅鬼の瑕/京極夏彦 [講談社]

たしかに冗長、長ったらしいことこの上ないですが、私にとっては数年ぶりの京極作品ですので楽しんで読めました。
相変わらずペダンチック(pedantic)ではありますが、難しい言葉で煙に巻いたりせず、確かな調査をベースとして紡がれるこの作品世界は、流石だと言わざるを得ません!


実は犯人もトリックも早いうちに明らかになっちゃうんですが、この辺りかなり意図的なんでしょうね。
この作品は「誰が何をしたのか」よりは、「事件が発生するための舞台装置は何か」というところを推理していくのが、真相に至る近道なんでしょう。
うん、実はこのタイプのミステリは大好きなんですよね!


「匣」や「理」には及ばないものの、かなり好きな作品でした。
ラストが衝撃的すぎる...!

|

« 殺し屋さん (1) (2) | トップページ | The Open Door/EVANESCENCE »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669919

この記事へのトラックバック一覧です: 陰摩羅鬼の瑕:

« 殺し屋さん (1) (2) | トップページ | The Open Door/EVANESCENCE »