« 具体的にする。 | トップページ | はやて×ブレード (6) »

2007年1月27日 (土)

半分の月がのぼる空 (7)

全6巻で終わりだと思ってたのに、まだ続いていたなんて!!(;´Д`)
年末年始用に買っておいたんですが、やっと読めました。


半分の月がのぼる空 (7) another side of the moon―first quarter/橋本紡 [メディアワークス]

書下ろしを含む、4つの短編+αで構成されている番外編ですね。
特別な事件もなく最後まで淡々と進んでいくだけに、なんだかアッサリした読後感。 ああでもこの空気とか繊細な「間」こそが、「半月」シリーズの旨みだと再認識しました。

一番気に入ったのは『 君は猫缶を食えるかい? a cat never die 』。
こいつだけ無性に気になって読み直してしまった。まさか猫缶からここまで切ない話に膨らんでいくとは、誰が予想できただろうか(笑)

|

« 具体的にする。 | トップページ | はやて×ブレード (6) »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669929

この記事へのトラックバック一覧です: 半分の月がのぼる空 (7):

« 具体的にする。 | トップページ | はやて×ブレード (6) »