« 風邪第二フェーズ | トップページ | 挫折がお好みとな? »

2006年11月 2日 (木)

クビシメロマンチスト

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識/西尾維新 [講談社]

西尾維新「戯言遣いシリーズ」2作目。
天才の集まる孤島から日常のキャンパスライフへと惨劇の舞台を移し、戯言遣いを中心とした人間関係を描いていきます。


それにしてもこの作風、たぶん学生の頃読んでたらハマってただろうなぁ!と思わせるデカダンスっぷりですよ。周りにゃ人類最強だの殺人鬼だのクビシメるロマンチストだの、性格ブッ壊れた人間だらけで死体もワンサカ、何が「青春エンタ」だコノヤロウな感じですけど、こりゃ面白いわ。人気が出るのも頷けます。

ともすれば戯言遣いなんて「人間失格」以上に人間失格だし、ドライだけどドロドロした発言や心理描写で暗い話になりそうなもんですが、そこを良い感じでライトにしているのが殺人鬼・零崎の存在でしょう!ストーリー的にはまったく存在意義がない彼ですが、そんな零崎と戯言遣いのやりとりは本作で重要な位置を占めていると感じました。


しかし本格的にミステリ要素がなくなってきたな(笑)

|

« 風邪第二フェーズ | トップページ | 挫折がお好みとな? »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669799

この記事へのトラックバック一覧です: クビシメロマンチスト:

« 風邪第二フェーズ | トップページ | 挫折がお好みとな? »