« ルー懐かしい | トップページ | 五反田・TEA HOUSE MAYOOR »

2006年11月30日 (木)

今後の開発のあり方とは。

セミナー行ってきたよ。

次世代開発フォーラム 2006 Winter

入社してから今まで、システム開発はJava!(たまにCOBOLとかありましたけど)という世界に生きてきたんですが、最近ソレが凄まじく苦痛なんです。

ありきたりの開発手法に、古臭い昔ながらの開発の流れ。
システム提案にはJavaで画面はJSP。
これではいかん!と思って、私の目が届く範囲ではいろいろな手法を試してます。

利用者とか顧客って、私たちと同じようにインターネットでの技術革新を目の当たりにしているワケですよ。インタラクティブなWebページも見ているし、AmazonやGoogleのように優れた操作性の商用サイトも見ているワケです。


短いスケジュールでも、少ない人員でも、目標を達成できる最ッ高のチームを作る。
優れた操作性で、抜群の安定性。みんながハッピーになれるシステムを提供したい。


そんな私の方向性に、何らかの解答が得られることを期待して参加してきましたヨ!
なるほどなるほど、これは面白かったです! 最近流行のAjaxでの開発とか、これからのJava開発の動きなどの技術動向は勿論、チーム開発の生産性を挙げる取り組みなどについても新しい視点が身についたように感じます。

プレゼンの勉強にもなったなー。
忘れないうちにまとめておかないとね。


個人的には、WINGSプロジェクトの代表、山田祥寛さんの講演が面白かったです。
わりと急ぎ目の講演だったので、じっくり話の聞ける機会がほしいなぁと思いました。

山田さんの「最新サーバサイド技術動向 入門の入門」については、WINGSプロジェクトのトップページからプレゼン資料がダウンロードできます。興味のある方は是非是非。

|

« ルー懐かしい | トップページ | 五反田・TEA HOUSE MAYOOR »

ニッキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669837

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の開発のあり方とは。:

« ルー懐かしい | トップページ | 五反田・TEA HOUSE MAYOOR »