« 半分の月がのぼる空 (1) | トップページ | ひばりが丘・たなか »

2006年11月 4日 (土)

半分の月がのぼる空 (2)

半分の月がのぼる空〈2〉waiting for the half-moon/橋本紡 [メディアワークス]

相変わらずテンポよい文章でサクサク読めます。
やっぱり1時間で読めるのがびっくりだ。

さて前半のドタバタ恋愛劇なんてのは、ノリが軽いこともあってつまんねーなとか思ってたんですが、後半になってやっと重いテーマが見え始めてきたかな、と。

今回は作中で宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」を取り上げているんですが、カムパネルラとジョバンニを、里香と裕一にダブらせていく辺りはちょっとゾクゾクしました。そのうち「銀河鉄道の夜」も読みなおしてみるかなー。

|

« 半分の月がのぼる空 (1) | トップページ | ひばりが丘・たなか »

書(小説)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669804

この記事へのトラックバック一覧です: 半分の月がのぼる空 (2):

« 半分の月がのぼる空 (1) | トップページ | ひばりが丘・たなか »