« ソーシャルブックマーク! | トップページ | やはり何かしらの影響を受ける... »

2006年11月15日 (水)

10メートル先の100万円

10メートル先の100万円 ― 目からウロコの売上限界突破法/砂田淳 [幸福の科学出版]

いきなりですが、あなたが持久走にチャレンジするとします。よーいドンで走り始めます。5km、10km・・・とにかく「限界」まで走ります。次第に、息が切れて、足が痛くなり、もうこれ以上走れない状態で、倒れこんだとします。

そのときです。倒れこんだあなたの目の前に、あなたの会社の社長がやってきて、「さらに1km走れ。でないと、クビだ!」と言われます。
クビになっては大変なので、何とかあと1km走りました。もう、これ以上、本当に走れません。今度はたとえクビになっても、構いません。それこそ限界です。

そこに、私が現われて、あなたの10メートル先に100万円の札束をポンと置きます。「触ったらこの100万円あげます」といったら、どうしますか?


さて、ぶっちゃけると精神論的な本です。
特に目新しいことも無く、昔からの成功論みたいなのを語られています。

ただ、それだけならどこの書店にでも置いてるフツーの本なんですが、コレ、めちゃくちゃテンション高いんですよ! もう関西弁でまくし立てるように文章が書かれているので、読み物としてはナカナカ面白いなーと思いました!

あと事例紹介ですね。
・どうやって乾燥機能つきウォシュレットの売上を伸ばしたのか
・なぜ雨の日にガソリンスタンドが繁盛したのか

などなど、こちらのほうは発想の転換というか、ああなるほどこういうのは確かに自分とお客さんとで「WIN-WIN」な関係と言えるよなぁ...と納得がいく内容でした。

まぁどっちにしても今の私に必要なのはこういう本じゃあないみたいね。

|

« ソーシャルブックマーク! | トップページ | やはり何かしらの影響を受ける... »

書(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669817

この記事へのトラックバック一覧です: 10メートル先の100万円:

« ソーシャルブックマーク! | トップページ | やはり何かしらの影響を受ける... »