« 夜エッフェ | トップページ | 江ノ島小旅行 »

2006年9月 2日 (土)

時をかける少女

やっと見れたー!
テアトル新宿時をかける少女を観にいってきました。


個人的には「時かけ」といえばラベンダー、「時かけ」といえば原田知世なんですが、そんな原作や初代映画に親しんだ層でも楽しんで観れる映画に仕上がっていました。


今回のヒロインはコミカルなキャラクターだったので、もう画面狭しと動き回るわ躍動感はあるわで見てて飽きないのね。「ゴロゴロゴロ....ドカン! ・・・バコッ!」っていうような、タイムリープする度に転がってどこかにぶつかり、たまに上から物が落ちてくるって展開もアニメならではだよね! その辺りのお約束展開は他の観客もケラケラ笑ってたのでウケが良かったみたい。

また、音楽の良さも際立って良い!こりゃ思わずサントラに手を出しかねん。
そろそろ上映が終わるとこもあるので、まだの人はぜひ!

こっからは余談です。


原作や実写版を知ってる層や若年層はもちろん、アニメで貞本キャラで独特なセリフや叫び声が詰め込まれているからにはオタ層もターゲットにしており、実際見事に取り込んでいるよね。そんな当作品、相当マーケティング重視で作られているのかな?と思いました。妹のキャラ作りなんかはちょっとあざとい気もしましたが。


でもなー、ラベンダーが出てこなかったり、ラストのあーゆー展開も唐突で脈絡ないし、最終的にヒロインがどれほどの罪悪感を抱えているのかよくわからんかったり、何で彼女があれとあれと写ってる写真なんか飾ってんの!?とか微妙に不満があることも確かなんだよなー。


まぁアレですかね、思い入れが強いだけに文句の一つでも言ってみたくなるというものなんでしょうが、それだけこの作品を気に入ったのも確かです。


ところでヒロイン役って仲里依紗さんなんですね!
彼女ってあれやん、図書室でフィルムに写ったラグビー姿の男の子にキスをする、あのCMの女の子じゃん?

うーん、声からは想像もつかなかったなぁ。

|

« 夜エッフェ | トップページ | 江ノ島小旅行 »

ニッキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669747

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女:

« 夜エッフェ | トップページ | 江ノ島小旅行 »