« ひさびさ当日更新 | トップページ | ダークサイド・オブ・ザ・ロック »

2006年9月16日 (土)

テレビCM崩壊

テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0/Joseph Jaffe [翔泳社]

まさにタイトルのインパクト勝ち、でしょう!

普段テレビをまったく見ない私からしてみると、むしろ電車のつり広告の方が訴求効果が高かったりします。
また本書でも述べられているように、レコーダーのCMスキップ機能などによってCMは飛ばされてしまう昨今ですので、広告会社の方やマーケターのみなさんは今後の広告のあり方なんかを随分と模索されているようですね。広告代理店の知り合いがその手の論文を書いてる途中ということもあり、興味深く読ませてもらいました。


内容としてはですねー、うーん、100%賛同できかねる部分はありますが、間違いなく今後のマーケティングは本書で語られているように動いていくように思います。push型の情報配信ではなく、ユーザが欲しいと思えるコンテンツを引き出していくpull型の情報配信が主流になっていくであろうことは、私の業界においても痛感していることですので。

ただ、インターネットの動きに関して難を言えば、今後「定額でつなぎっぱなし」というサービス形態は間違いなく崩壊すると思うんですよね。 近い将来、ネットは重量課金制になっていくと思われるんですが、そうした際に「如何にしてユーザにコンテンツを選択してもらうか」というハードルをクリアしなくてはなりません。

この辺をクリアするためにも、いわゆるWEB2.0のサービスは要チェックかもね!


あとすごく読みにくかった。
内容の半分はだらだら書かれているだけなので、要点だけしっかり読んで、あとは飛ばし読みが正解だと思う。

|

« ひさびさ当日更新 | トップページ | ダークサイド・オブ・ザ・ロック »

書(ビジネス)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1000464/10669756

この記事へのトラックバック一覧です: テレビCM崩壊:

« ひさびさ当日更新 | トップページ | ダークサイド・オブ・ザ・ロック »